2009年09月22日

ウォッチメン 原作&映画

<映画>
movie


ウォッチメン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]



<原作>
Comic


Watchmen



 1985年10月12日の晩にコメディアンことエドワード・ブレイクが死んだ。彼は「ウォッチメン」と呼ばれる世の風紀を取り締まるコスチュームヒーロー集団の一員で、1977年に彼らの行動を規制する法律が作られ、多くの者が引退してからもアメリカ政府の下で働いていたのだが、何者かが彼の住むニューヨークの高層マンションを襲い、彼を窓から突き落としたのだ。事件現場に現れたロールシャッハは血痕のついたエドワード・ブレイクのトレードマーク・スマイリーバッジを手に取り、この事件の裏には何か巨大な陰謀がある事を察知する。一体誰がウォッチメンを殺したいのか?何が世界で起きようとしているのか?


# 監督: ザック・スナイダー
# 出演: ジャッキー・アール・ヘイリー, パトリック・ウィルソン, ビリー・クラダップ, マリン・アッカーマン, マシュー・グード


原作と映画をどちらも観た。
原作の漫画は特にアメコミ史上でも最高の名作と謳われている作品で、期待してAmazonで買った。


内容を簡単に説明すると、、

もともと世界にはヒーローと呼ばれる人がいて、彼らは世界の揉め事を解決したりしてまさしく『ヒーロー職』をしていた。

中には、知能、体力、ルックス何もかも全てが世界最高のとてつもない天才(オジマンディアス)や、ある事情で人間ではなくなり神にもにた超能力を秘めたヒーロー(Dr.マンハッタン)などもいて、そんなヒーローはベトナム戦争時に依頼で出兵したり、米露の冷戦下での核抑止の最重要ファクターにもなっていた。

そんな中昔ヒーローをしていた1人(コメディアン)が殺されて、それを期に「ヒーロー狩り」が始まる。
何の目的でだれが? 
ヒーローの中でも一番ダークなロールシャッハが捜索してその真実を知る、、

、、とそんな内容です。



アランムーア原作のグラフィックノベル「ウォッチメン」は、1986年に連載され、長年の間絶版になっており、入手が困難だったが、昨年小学館でスペシャルエディションとして復刻された。

復刻の3400円もする原作を読んだ。

たしかに、、これはすごい。
当時、冷戦下での世論、核戦争への恐怖、人々の騒乱、問題提起、様々な思想があった中で、そういった内容を全てを一つに詰め込んだような内容だった。

アートとしてもすごいと想われるカットや描写。そして実験的な取り組み。
そしてSF感。多くのSF映画に間違いなく影響を与えたであろう内容。



魅力豊かなキャラクター、先が全く読めないストーリー。

それこそスパイダーマンやXメンなどの、ヒーローが出てきて悪者を倒して「Yeah!!」ってな感じのアメコミの固定観念を完全に打ち砕いてくれる内容。

おすすめ。 結構高いので必要あらば貸しますので。

------------------------------------------------------------

んでもって映画。
傑作中の傑作のこの原作を映画化するにあたって、監督のザックスナイダーは、こんなことを言ったらしい。

『どこかのだれかがウォッチメンを映画化してめちゃめちゃ低いクオリティでされるくらいなら、私がしっかりとした映画を作る!』と。

原作を見た上で映画を観たが、総評としては、原作を出来るだけ忠実に作られているし、新たな取り組みもあり面白い。シルクスペクター役も原作よりもきれい。
ただ、やっぱり原作には劣るし、無駄な暴力描写やセックス描写が多い。手離しでは絶賛できない内容でした。



ただし!!
オープニングは素晴らしい!!
ボブディランの、『The Times They Are A-Changin'(世界は変わる)』に乗せた様々な時事の移り変わりの描写はすごい!

美しく、かつ静かに激動する世界。

ニクソンが核発射を会議するシニカルなシーンが博士の異常な愛情にすごい似ていたり、Dr.マンハッタンがベトナム戦争に行く描写でワルキューレの騎行だったりするとこも笑える。



映画は気になる人にだけお勧め。





posted by Khaki at 15:12| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

Fruiji2 mixed by Khaki もっかいUP

一年以上前に作ったミックス音源だけど、久々に聞いたらまあまあの
出来だったので、再度アップして皆さんにお聞き頂こうと考えた次第
です。
今回は文字通り焼き直しです。笑
音が悪いのはご愛嬌。今後改善します。
当然ながら全くおんなじ作品は二度と作れません。

以下URLに置いているので、よければダウンロードして聞いてみてくだ
さい。(ウィルスは仕掛けてません。)

お勧めの聞き方は、ipodに入れてクソみたいに働いた後の薄暗い帰り道
で爆音で。

-「Fruiji2」mixed by Khaki -
http://firestorage.jp/download/a626650cb3b9ae9b21717fe5ea652a2548711f6b

今後PodCast化の野望もあります。

特に最近、またも音源を買い漁りつつあり、そろそろ第2弾も作ろう
って考えてます。

TractorScratchをどれだけ活用して作れるかがポイント。
もっと触らねば。

ここ2年間はIBIZA、Progが好み。

--------------------------------------------------
「Fruiji2」mixed by Khaki
1. BUSCEMI / JAZZ JUMPER
2. ROBOT NEEDS OIL / VOLTA
3. IMPERATOR / FROM THE FUTURE
4. paolo mojo / jmj
5. Isolee / Beau mot Plage
6. JONA / Blizard
7. The Rice Twins / FOR DAN
8. Nathan Fake / The sky was pink
9. MICAH,BEN CAMP & MAT LEUTWYLER / SECRET PLANET
10.PRYDA / MURANYI
11.AIR / MER DU JAPON
--------------------------------------------------



Sopherもやんなきゃね。
posted by Khaki at 15:37| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

街の灯


movie


街の灯 コレクターズ・エディション [DVD]



Amazon.co.jp
街角で花売りをする盲目の少女は、なけなしのコインで一輪の花を買ったチャーリーを金持ちの紳士と誤解してしまう。チャーリーは、この誤解をきっかけに、少女を助けようと懸命な金策に走り回ることになる…。
3 年の歳月を費やして製作され、チャップリンの作品のなかでも最もロマンチックな一篇であり、公開されるや感動の嵐を呼んだ。世界大恐慌後の混沌とした時代を背景に、アメリカの世情、社会の矛盾、そして人間の愛を、寂しくも美しく描いている。音響は音楽と効果音のみで、セリフは字幕という実質的なサイレント映画。無声であることが観る者の心に深くしみわたる愛を感じさせ、テーマ曲「ラ・ヴィオレテーラ」の美しいメロディや効果音が、より一層作品を盛りあげている。チャーリーは従来の監督・脚本・主演・編集に加え、この作品から作曲も担当し、その才能を開花させた。(生野 舞)


街の灯も友人から薦められて今、観終わった。

なんせ最近記事を書くのを全くやめていたのに書こうと想ってしまう
ような作品だったのは、想像の通り。

いわずとしれたチャップリンの代表作だが、おれは今までサイレントの映画は食わず嫌いで一度も観たことがなかった。チャップリンも同じくで、一度も観たことがなかった。

この作品、1931年の作品だが、色あせない。
すごい作品は70年以上たってもやはりすごいのか。
画ならなんとなくわかる。文章もなんとなくわかる。
その時代の文化、トレンドを五感切り取った映画という表現方法で、
こんなに面白いとは。

とにかくチャップリンのドタバタぶりが非常に笑える。いろんな芸人が
影響を受けたろう。コントでみたようなネタが散りばめられていた。
監督・主演・脚本、作曲もしてるとは。。
チャップリンが天才だと言われる所以がわかる。

そして盲目の花売り娘のバージニア・チェリルがキレイすぎる。
まさに魅了させる雰囲気。

んでもってラスト。
昨今の文化におけるストーリーやプロットは複雑化が進んでいてシンプル
だと批判される風潮がある。特に映画。
悪く言えばベタベタだがサイレントな為、特に感情移入してしまう。

男であればチャップリン、女であればバージニア・チェリルになる瞬間だ。

わかる。。その気持ちわかる。。ってきっと考えるはず。


あぁ、世界は喧騒に満ち溢れてるけど、捨てたもんじゃないな、って
想えるラスト。

posted by Khaki at 15:16| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぼくんち


Comic


ぼくんち (ビッグコミックス)


Amazon.co.jp
「ぼくのすんでいるところは―/山と海しかない しずかな町で―/はしに行くとどんどん貧乏になる。/そのいちばん はしっこが/ぼくの家だ―」。腹違いの兄、一太。突然現れた、美しくてやさしい年の離れた姉、神子(かのこ)。そして「ぼく」、二太。クスリを売る。体を売る。金を貸す。とりたてる。この町の多くの大人たちは、そんなふうにして生きている。 from Amazone.jp




友人からの薦めで西原理恵子の『ぼくんち』を読んだ。

静かでありながら残酷で、そして優しい。
唯一無二な作品だった。こんなの見たことがない。


初めは画が稚拙で入りにくいのではと想ったが、画なんてものは
もともと伝えるためのツールだった。
中身がすごすぎて逆にシンプルな画がペーソスになっていた。

二太が住む町は、表面的にはこの上ない『終わりきった町』だ。
クスリ、盗み、やくざ、買春、貧困。実際の街で考えたらすぐに
イメージできるところ。

そこに生きている人々の生死と家族愛、幸せを随所に散りばめていて
キラキラ光った叙事詩にしている。

こりゃ、すごい。
友人の言うとおり、これは必読すべし。
きっと心が揺さぶられるところがあるはず。

毎週たった2ページのストーリーの連載の単行本だが、こんなに2
ページのストーリーでくるとは。。

お勧めです。


ちなみにアメコミの『ウォッチメン』をアマゾンで注文。
届くのが楽しみだ。


posted by Khaki at 15:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

なんかいろいろいそがしい




エヴァンゲリオンみた
マウンテンバイクもらった
相対性理論きいた
スカポンタンいった
豪雨 パイロンゆらゆらだった
オロツェキ負けた
研修ずっきゆんだった
激務つづきだ
グロービス行きはじめた
サマージャムいいね
マボロシのホシかなりいいね
じゃりんこ安いね
ゴッドファーザー全部みた
中尾まねた
GANTZよんだ
踊るうどんくった
洗車したよ
バー巡りしたよ
チェリーソウマこわい
右足吊るね
岡山でハッチャケた
四枚刃なめらかだね
なにかと雨だね
スプレー冷たい
柔軟きもちいい
広島キャンプだねみんな
最近なぜか標準語な気がする
時効警察みた
So-netに切り替えた
結婚式参加した、2組
ホッピーにハイボール
休日出勤さっきまで
ETC付けないと
オロツェキまた負けた!
消え入るような気分
禁欲をスタート







posted by Khaki at 23:21| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | hitorigoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

9年ぶり

死生観に苛まれる生活もいいがときめく生活も悪くない。

9年ぶりの壇上にあがった。

これだろ。

そうだ。




まさしくこれな気分。


やはりと言うべきか、なんともいえない風貌と毎日のきになり。

老いも若いも関係ないね。




今だよ。

これだよ。






この気持ちは理性に反して意気ごみを与える。



まるで晴れ渡った空にロケット花火を上げるような。

透き通った薄いセロファンに火を近づけるような。

茶碗に山に盛った飯を大きく箸で挟むような。

洗濯したタオルをパンッと広げるような。

指と指を交差させるような。

缶コーヒーをがぶ飲みするような。

ワックスを大きく指で救って指をベタベタにするような。

ギターを静かに奏でるような。

アクセルをべた踏みした時に車が反応する寸前のような。

電球のフィラメントが咄嗟に切れるような。

ファストコアを聞いているような。

好きな人にあえてそっけない、いつもどおりを装うような。

初めて聞くレコードに針を落とす瞬間のような。

ノートの1ページを鉛筆で真っ黒にするような。

友人に「ありがとう」というような。

手を大きく広げてかざすような。

春の芝生に寝転がるような。

キャベツを包丁で真っ二つにするような。









それはいつもどおりの気づく瞬間。

今しかないと想う瞬間。







人と人の目が合う瞬間。


今までの全てを捨てて、今からの全てを得る瞬間。






posted by Khaki at 01:18| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | hitorigoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

この週末、あなたの手のひらを太陽に。

最近たいしていいことも悪いこともなくどうにもおもしろくない。
ほんっとに面白くない。よろしくない。


仕事はまあまあだが、私生活を面白くできてない。だめだおれは。今。
燻ってる。とにかく燻ってて動けてない。


とはいえ昨今の日の本は、
やれインフルエンザだ、ゲロだ、切腹だなどあって、部屋を出るのも億劫なので次の土日はちょい買い物するくらいで基本的に部屋にいるつもりだ。 ブームに乗って『巣篭り』しますよ。

最近私的文章ばかり書いていたのでそろそろあなたが興味を持ってくれるかもしれない話でも、と想いまして以下注目。


あなたに聞きたい。


休日に大してやることがないのを見越して、あなたは次の土日、何をしますか??





たとえばやることといえば、

・ベッドに横たわってケータイをいじり続ける
・小言を言いながらくだらないテレビ番組を観る
・ひたすら寝る。(あるいは布団をかぶって震える)
・洗濯、掃除、食事、排泄、いわゆるジェネラルルーティーン
・センチメンタリズムのリピート


そんなあなたにやってみたらいかが?ってことをこの「Lie to Rye」で提言する。



まず、やる前提としてあなたは『幸せになりたい』と想っていること。
それがなけりゃ、PC画面右上の『×』ボタンを押してもらいたい。


前提をクリアしたあなたに。

幸せを掴むにはそれなりの運が必要でしょ?

運気を今より増やすようなことをこの休日にしようじゃないか。



あるポッドキャストで風水師が言っていた。


『様々な人のライフスタイル及び風水的観点からみた情報を集計したところ、部屋の模様替えによって運気が確実に上がったという4つのごく簡単なポイントがある。』


おいおいおい、そりゃ聞き逃せない。聞き逃せない。聞き逃せない。そんなヤバ目な詩。
大怪我!!ってなわけでおれもこの土日にやってみようと想う。


早速その4つのポイントを紹介します。この4つを満たすように部屋の模様替えをこの休日したらいかがかな?


まず1つ。

『玄関に植物を置く』


植物は、呼吸をたくさんさせるもので大きいものが望ましく、鉢植えであること。切花はNoだ。

玄関から入ってくる悪い気を植物が吸収してくれるらしい。
それもあり悪い気を吸収するので玄関の植物はよく枯れてしまうそうだ。(単に陽が当たんねぇだけじゃねぇのか?とも想うが。)
そのときは、植物には申し訳ないが生きている植物にかえてあげよう。


そして2つめ。

『冷蔵庫の上に電子レンジを置かない』

冷蔵庫は食物を保管するもの。その上に密閉して重いものを置いているということが運気を下げるらしい。そしてまたその入っている食物を食うってのがよくないとのこと。
冷蔵庫の上の電子レンジってコンビはよく見るコンビだ。「マナカナ」だ。間取り的に厳しいって部屋もあるだろう。

どうしても無理な場合は1センチほどの空気が通る空間を作るよう「すのこ」などをあいだに挟むなどでもいいのだそうだ。


続いて3つめ。

『トイレに炭を置く』


炭は何でもいい。
トイレという場所は、悪い気が流れる場所らしい。
その悪い気を浄化してくれる炭を置くことにより運気があがるのだ。
目に見える見えないは関係ないらしい。置くことが大事だそうだ。

炭は脱臭効果もあるので一石二鳥。



んで最後!

『風呂のシャンプーやリンスなどを床に直に置かない』


風呂の排水溝も悪い気を出しているらしい。
床に直で悪い気の流れを邪魔するものを置いていると、逆に悪い気が溜まってよろしくないとのこと。

棚を作っておくか、カゴの中に入れて吊るとかすべきらしい。
あるいは、浴槽に乗せるふたとかマットの上に一式を置く、さらには、浴槽の中に一式置くなどがいいらしい。



・・・いかがだろう、どれも簡単なポイントだけど買ってくるだの配置換えだので人によっては時間がかかるかもしれない。



でも、特にやることもない土日なら、、いいじゃん、そんな休日も。



あとやったとしてもやれインフルエンザだ、ゲロだ、切腹だになったとしても責任は負わないよ。

posted by Khaki at 22:46| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | hitorigoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

マスクばっかり


関西圏でマスクが大流行している。

今日朝コンビニを3つまわってみたけどどこも売り切れ。
こんなこと今までみたことが無い。

電車もオフィスもマスク着けてる人だらけ。宗教集団みたいだ。
会社も今や通勤時はマスクがマストらしい。宗教法人である。


マスクってのは好きじゃない。
久々に今日付けてみたが、布が口と鼻に覆いかぶさってると気になってしょうがない。
鼻がむずがゆくて逆にくしゃみがでる。

それにマスク着けてると風邪に負けた感があって逆に調子が悪くなる。
熱っぽくなる。たぶんおれは催眠術にかかりやすいだろう。

マスクを着けてる人を見てるとどんな顔をしてるのかがわからない。
美しい人もどんな顔かがわからない。眉毛と目と髪型だけ。あとは全体感。
にもかかわらず美しい人は美しいと想う。そういう人はマスクをとっても確実に美しいだろう。顔の話ね。あくまで。

ペルソナ。ギリシャ語で仮面。
仮面で覆っても人のパーソナルは見えてくる。

残念ながらマスクを着けてて美しいって想う人は今日見なかったが、この状況下でそういった発見を想像するのは楽しい。

いつか我が身をウィルスが襲い、病床に臥した時はそんなことを考えて過ごしたい。



それにしてもほんの2週間前まで、メキシコにいたはずのウィルスがもう大阪の高槻や八尾にまで近づいてきたというのはびっくりする。

先週おれは仕事で八尾付近を通った。
このインフルエンザの潜伏期間は7日。
木曜日おれは東京に行った。朝から晩まで渋谷、青山、赤坂、品川をほっつき歩いた。

東京諸君。明日は我が身と想ってマスクを買いだめしといたほうがいい。 
ゴホッ、ゴホッ。






posted by Khaki at 23:16| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(2) | hitorigoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

月のはなし


駅から部屋にたどり着くまでの道のりを歩くのは僕のいい安定剤になる。
特にほろ酔いの時はそうなる。

今日は特にそう想った。


素晴らしくいい気分で足を踏み出す。
耳から流れてくるのは「across the universe」。

顔にだけ響く肌寒さが心地よい。





うすらわらいを浮かべながら僕はこんなことを考える。






なぜ生きているのか?
価値ってなんなのか?





北極でシロクマが住み場である氷を失っている。

それをギャグにするようなCMがあり、自分はそれに憤る。


とはいえ自分が何をしているのか?
温暖化をとめるような動きはただのひとつもしていない。

地球とはなんなのか?

自分にとってこの場所はどういう意味があるのだろう?

なぜこんな生き方をしているんだろう?
頭でっかちな脳の想うがままに動いて、地球のことをまったく考えていない。



詰め込まれた仕事や、詰め込んだ仕事をただひたすらこなすこの人生。

もう26歳だ。


26年間生きてきたのにその末である今は、自分のこと以外何も考えていない。

ちょいとした達成感に一盛り上がりするようなこんな人生がいいのだろうか?



そういえば朝、毎日迎える朝もそんなことを不意に想うことがある。


京阪の中、ただ景色が流れ行く中。そんなことを想う。
人が作ったビルやマンションや、ぼろっちいアパートを見て、自分がその中の一つだと想う。


100年後、1000年後。この地球はあるのかもわからない。
あったとしてもヒトが住めるような環境なのかもわからない。

そこにあるのは果てしなく荒れ狂う熱風か。
それとも全てを止めてしまうような氷の世界か。


でもそんなことも構わず僕は動く。
自分の血の通った孫以上に遠い親類達の姿を想像しない。



きっと自分が好きなんだろう。でもそれは何の意味があるんだろう?

自分がやりたいことをやる。自分が好きだから生きる。そんなことが一体何の意味があるんだろう?


好きってなんだよ。



月は鏡のように太陽の光を浴びてこんなに晴れた夜でも自分を照らし出している。




自分が今、何をすべきなんだろう?
どこにもそんな答えは見つからない。


意味なんて考えちゃいけないなと想う。意味があるなんてことはない。
大きい世界ではきっと意味なんて無い。


じゃあ大きい世界にとっては意味があるのか?




そんなことはない。意味なんてあるわけがない。

パンドラの箱みたいなものだ。





そこにあることが単にそこにある。
パンドラの箱がそこにあるだけでいい。それに意味はないが、
それだけでいいんだ。

中にはなにも入っていない。
希望なんて入っていない。希望が入っていてどうなるというのか。

愛がたとえ入っていたとしてそれが何になるのか。


そこに絶望が入っていたとしてだれが悲しむのか。




そこに無が入っていたとしてそれをだれがどうするのか。





きっとそうだ。


意味なんて必要ない。



どこに行ってもかまやしない。




今、ここにいるという時間こそが唯一のものだ。

それ以外はなにもわからない。


たとえ今がなくなったとしたら、、だとしても僕はここにいたとわかる。


それだけが世界の「意味」というものなんだと想う。




パンドラの箱には僕が入っている。
そう想ったほうが納得がいく。


それが今なんだ。




でも明日になればそんな気持ちも失せて、意味を探す生活を始める。

なぜなのか?具体的に?それをやる意味は?


そんなことは考えちゃいけない。



今自分はここにいる。
それだけでいい。

ここにいさえすればいい。


今が継続しているんだ。

未来なんてものは偶像だ。






そんなものは自分の慰めだ。





今をどうするかしかない。





それが全てなんだ




そう想わせた、今晩の月は素晴らしい。




posted by Khaki at 00:10| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hitorigoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

G.W.D

がなってわれてだれる。いわゆる『G.W.D』

ゴールデンウィークは、だれます。
もしくはドリンキング。

特に予定は入れてないのでやることは以下くらい。


・なにぶんお金もないので、部屋でゆっくりする予定です。

・今まで作ったことのレシピの料理でも作ってのどかに暮らす予定です。

・先日Betty氏にチューニングしてもらったTractor Scratch PROを使い
 こなせるようになる予定です。

・勉強する予定です。

・いくつかの借りた本を読む予定です。

・不要なものを捨てるか売るかして部屋の掃除をする予定です。

・腕立て伏せとか腹筋とかをする予定です。


posted by Khaki at 22:46| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。