2005年10月26日

京都スープカレー部 〜 MAMARO 〜

京都にあるスープカレー屋を完全制覇することと京都スープカレー事情を活性化するために店のレビューをしようってこと、そして世界のスープカレークラウドたちへの情報発信のために「京都スープカレー部」は発足された。

それで先日、1回目のスープカレー屋巡礼が決行された。わずか二人。さすがに1回目で廃部はやりきれんから「悪い噂」を聞かない店を慎重に選んだ。

その結果「MAMARO」という店に昼のランチタイムを狙って行ってみた。河原町丸太町結構上がって西側。すでに大阪に支店を出しているってことで期待できる。

http://www.mamaro-soupcurry.com/ ← オフィシャルページ

IMG_1775s.jpg


ランチタイムでガラッガラだったらどうしようと思って行ってみたけどほかにお客さんが4人ほどいてぼちぼちの賑わいっぷり。よしよし。

早速「チキンセット」を注文。920円。ちょっと迷ったけど辛さはレギュラーで。んできた。

IMG_1776.jpg


ってか今ホームページで見てる「チキン」とチキンの感じが違う…。さらに学生はランチ大盛り無料も知らなかった。。さらにホームページでは辛さの段階が2つだけど実際は3つだった。ぬ〜どうなのそれは?

食べてみる。「一口目最初は普通のカレーレベルの辛さだな」、っと感じたけど二口目には「やっぱ辛ぇ」ってなった。4口目ほどで汗っぽい体の湿りを感じた。ただうまい。揚げジャガイモとナスが相当うまい。あと食後の杏仁豆腐がトロトロで口のヒリヒリを忘れさせてくれる。


 スープカレーをよく知らない人の中にはスープカレーを「シャバシャバの水っぽいカレー」だと思ってる輩が多い。それは断じて違う! 普通のカレーと比べても見劣りないくらいにスープなのに濃厚で、スパイスの味を純粋に楽しめる。あと、野菜のうまさが相当際立つとこ。写真を見てのとおりニンジンとかでかいまんまだしジャガイモも半分に切ったのがぞんざいに2つ入ってるだけだ。ただそれがやけにうまい。んで食べきると結構腹一杯でいい具合にあったまってる。

部長としてはスープカレーの「うまい、まずい」をしっかり伝えていきたいけど、ゆうておれも札幌の「スリランカ狂我国」を食べたのが初めてで、今回のMAMAROで二回目だからなにぶん経験が浅い。あとまずいスープカレーってのをまだ食べたことがないから「まずい」サイドを知らない。経験が増えたらまあそのへんのことも書けるだろう。

うまい情報、まずい情報があればぜひ教えてほしいのでよろしくです。


京都スープカレー一発目「MAMARO」はとりあえず「アリ」だった。
posted by Khaki at 14:23| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 京都スープカレー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

京都スープカレー部 〜スープ屋さん〜

さて、ひさびさの部活だ。

今回は「スープ屋さん」。
情報によると札幌に住んでいた夫婦が開いた店らしい。これは期待せずにはいられない。
場所は堀川紫明を西へ200mほど行ったら左側にある。紫明通は堀川以西で急に道が狭くなって東向きの一方通行なので自転車で行く場合は気をつけて。行く途中にかなりよさそうなカフェ?洋食屋?を発見。

スープ屋さん到着。 いかついことに月、火、水曜日は休み!あぶねぇあぶねぇ。
大体の場所 → http://www.its-mo.com/m.htm?E=UBvw9QQgIiK

003.jpg 002.jpg


見てのとおり思いっきり民家で若干入りにくかった。二階と屋根の間にジャージが引っかかっててなんか面白い。
入ってみると内装、メニュー、すべてがすごい手作り感にあふれてる。石油ストーブであったかい。靴を脱いで座敷に座り込むとなんかおばあちゃんちに来たような気持ちになった。

スープのメニューは「チキン」「ベジタブル」「シーフード」「手作りハンバーグ」

辛さは7段階で、それ以外に全く辛くないという「マウ」というのがあった。
7段階はすべてアイヌ語で表記されていて意味はわからない。
でも最高ランクの辛さの表記は「キムンカムイ」。カムイといえばカムイ岬。漢字では神威。
・・・神の領域ってことだろう、、おそろしや。。

店の人のお勧めは3番目か4番目とのこと。

おれはチキンで7段階の下から4番目の「シュマリ」にした。副部長は手作りハンバーグで下から2番目の「イセポ」にしてた。辛さにびびったな。。


でてきた。カレーの表面に青海苔みたいのがかかってる。これはなんなのか店の人に聞いてみるはずだったが忘れてしまってた。。ほかの人の記事によると焦がしバジルだったらしい。
ライスは黄色でターメリックライスだ。そしてチキンのでかいこと。骨付きチキンががっつりスープに浸かってる。

005.jpg 006.jpg

ブレてて申し訳ない。なにぶん店自体がめちゃ暗くて、、、フラッシュは使いたくないもんだから。。

食す。

一瞬ピリッと辛かったけど、辛さとは違う味が口を漂う。焦がしバジルがまたいい。これは旨い。
初めて食べた「スリランカ狂我国」のスープカレーの16の「からうま」の割合が8:2だとしたら「スープ屋さん」のシュマリは6:4くらいでかなり食べやすいレベルだと思う。
・・・今思えばスリランカ狂我国の16ってのは1から100までのうちの16だったわけだから100とか食ったら口と食道と胃は一体どうなるんだ?と考えてしまう。
そのときの話は前のブログで。神威岬もある。→ http://blog.drecom.jp/lierye/category_4/

最高なのはチキンのやっばい柔らかさだ。スプーンでちょこっと押したら身と骨が裂ける。これがまた旨い。スープカレーの「チキン」の魅力はここにある。

副部長と雑談して店を出る。最後に夫婦がのれんからヒョイと顔を出して「ありがとうございました〜。」と言うしぐさはなんかすごい仲よさそうでこちらも笑ってしまいそうになった。なんだろうこのアットホームな感じは、やけにすがすがしい。

外に出てみるとなんか元の世界に戻ってきたような錯覚を感じる。
のび太と宇宙開拓史で、のび太の部屋の畳の裏が別の星とつながっているってのがあったけど、「スープ屋さん」のドアにそれと似たイメージを感じた。おれは誇張がうまい。でもそんな感じだった。

食後、副部長と「すべてを見てないけどここが京都一なんじゃないのか?」ってな話になってしまった。まだ京都では2軒しか食べてないにもかかわらず、実はおれもそんな気がした。ここのスープカレーの旨さと「スープ屋さん」の不思議な空間は他のどこにもないような気がした。


まあまあまあ、そうは言わずにいいところ今後も探してみますよ。


行く前に参考にさせてもらった、きのこ学園さん↓

http://kinoko.boy.jp/blog/archives/2005/02/post_32.html




余談だけど岡山の西口に札幌に本店のあるスープカレー屋の「hinotama」ってのがオープンしたようです。ミスった〜行き損ねた!

http://www.hinotama.com/
posted by Khaki at 15:23| 京都 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 京都スープカレー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

京都スープカレー部 〜 Sumiya K P 〜

もはや誰もが忘れがちだけど昨日2006年一発目のスープカレー行脚に乗り出した。

今回は叡山電鉄茶山駅から徒歩五分のSumiya K Pってところ。
東鞍馬口通白川西入るのあたり。
銀閣寺、哲学の道とかをうろついてから行ったりするのが最高のセオリーだろう。

カナートで待ち合わせて出発。朝起きたら口内炎が出来てて少し心配。

Sumiya K Pは京都造形大からすぐで多分学生客も多いんだろう。
写真も撮ってきたけどアップするためのコードを実家に置いてきたっぽいので後日アップします。ちょいとした住宅団地の一つの家がスープカレー屋って感じで、看板がなかったら普通に店とは思えない風貌。スープ屋さんもそうだったように普通に「家」って雰囲気。

画像 001.jpg

中はカウンター席が8席くらいと奥にやけにグラつくテーブル席が1つ。テーブル席へ。

スープカレー以外にも普通のカレーやサイドメニュー、ドリンクもすごい充実してた。
ランチタイム中だったのでスープカレーとライスとトッピングの温泉卵と食後のドリンクがセットで780円とかなりの安さ。
辛さの段階は1から7までで2が大体通常とのこと。口内炎も考慮しておれは「2」で。
副部長はさらにびびって「1」。

画像 03072.jpg

スープにもタイ風とインド風があるらしくてどうやらタイ風を選んでたっぽい。
スープの辛さのなかに若干酸っぱさがある。ライスの上に温泉卵が乗っかっててスープとそれが一緒になってすごいまろやかな口当たりになっておいしい。
机の上にガーリックスライスが置いてあったけどそれは入れないほうがおいしい。

にんじん、なすび、チキン、じゃがいもがゴツゴツと入っててその上に水菜。
なすびのうまさが相当やばかった。京野菜のうまさが本当に際立つ。
辛さ「2」はまさしく誰もがいい具合の辛さだった。おれは「3」くらいがいいんかな?
多分頭がかゆくなるくらい辛いのは「4」くらいからだろう。。

気になったのはメニューにあった、土鍋に入ったスープカレー。野菜がものすごく入っててすごいおいしそうだった。完全にスープ鍋。かなり気になる。

どこのスープカレー屋もおいしいけど、それぞれどこかテイストが違う。それがおもしろい。
まだ京都スープカレー自体が草創期だからだと思うけどどこもすごい質が高い。
どこに行ってもかなり満足できる(っぽい)。

今回がまだ3店目で、京都市内にあと3店くらいあるらしいから今よりちょいピッチ上げんと3月終わるまでに全部食えない。。
京都いるうちに制覇せねば!!


Sumiya K P   http://www.sumiya-kp.com/
posted by Khaki at 10:16| 京都 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 京都スープカレー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

京都スープカレー部 〜 チャーリーブラウン 〜

なにかと忙しかったのでちょい経ったけど。

3月1日に食いにいった。
とてつもなく雨が降っててどうしようもない天候だったけどなんとか濡れつつも。
百万遍の交差点を若干西に行ったところの思文閣会館の地下1階。
チャーリーブラウン。

画像 002.jpg

→ http://www.hanei-m.com/cb/

となりにあったアジア系雑貨屋においてあった宝箱5800円ってのが気になる。
宝箱なのに取っ手が付いてる。「とられる気満々じゃなぁ」とか思いつつも入店。

スープカレーといっても、タイ風、薬菜風とかと何種類かあった。
そんなかですごいあっさりしてそうな透明のスープの京野菜と豆腐のスープカレーとラッシーにした。5段階の3番目の中辛。セットで960円。
副部長はハンバーグのやつ。スープカレーラーメンってのも気になったけどやや正統派。

画像 03074.jpg 画像 03073.jpg

京野菜と豆腐のスープカレーは豆腐、エビ、ジャガイモ、ナスビ、にんじん、大根、水菜、ブロッコリー、お揚げ、そして卵。
なかでもナスビが絶品だったなのはこの店でもそう。とてつもない。
いままでのスープと違ってお吸い物のように透明のスープで「なんで辛いん?」って思ってしまう。ほんまなんで辛いんじゃろ。中辛だったけどもう1ランク上でもいけそうだった。

厨房のほうからたまに「ドーン!」っていうデカイ音が聞こえるのが気になるところだったけどかなりおいしかった。スープにバリエーションがあったのでそれらを食べてみたくなった。
さらにおまけのラッシーまでサービスされてなんかラッキー。また行ってみよ。

デジカメの写真はまたUPしま〜す。
posted by Khaki at 05:36| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都スープカレー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

京都スープカレー部 〜 やってます 〜

12時に四条烏丸集合。

その特殊な店名に一抹の期待と不安があった。「やってます」って!
四条新町の交差点を北上、東への一本目のとても細い路地を右。
いかにも穴場の雰囲気がプンプンしてた。
ネットで見たメニューの写真にしても期待できるぞ、これは!

二束の草鞋らしく、昼12〜14時までがスープカレー屋の「やってます」
夜は居酒屋の「いなせや」らしい。

行ってみると「いなせや」の看板がある家を発見するもドアが開かないから、他の入り口があると思ってそのあたりをうろうろした。しかしそこ以外には入り口はなさそう。定休日はないとおもったけどまさか定休日か?

すぐ隣の中華料理屋に入って聞いてみると、「昼はやめたみたいよ。」とのこと。

・・・やってませんでした。

まっじかよ、、、夜の居酒屋になったほうのメニューに吸収されたんかもしれんけどチャキチャキの居酒屋ぽいのでその線は無いと思う。

今日は副部長のスケジュールの関係で14時までしか無理だけどこのままノコノコ帰るわけにはいかない。
 ってことでおれがチャリで急いで家に帰って、たしか三条烏丸にあるってゆうスープカレー屋のしっかりした場所を押さえてそっちに行くことにした。

スープカレーが流行りつつあるといってもやはり表裏一体。裏側でした。追記
posted by Khaki at 17:41| 京都 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 京都スープカレー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都スープカレー部 〜 Vice-Versa 〜

家に帰って場所を確認。蛸薬師のローソンで待っててもらった副部長と再び合流。

烏丸三条の交差点を西へ約70メートル、左側。KBアネックスビルの地下一階。
「Vice-Versa」

20060321 0011.jpg  20060321 0032.jpg

看板を見る限り、アンチエイジング(活性酸素を抑制し、体を老化から守る事)がテーマで、『健康でキレイになるメニュー』がコンセプトらしくて「デトックス」という文字もあった。まあなんか合成物質などを使わない主義があるらしい。

地下へ降りてみるとそこはまさしく御池近辺のオフィスレディ御用達といった雰囲気で、広い正方形のおしゃれな空間だった。胡蝶蘭が隅においてあったりで悪くない。人の入りも上々らしくて少し待った。いいじゃないのいいじゃないの。カフェレストラン感覚。今までのとことは違う。

当然ながら、野菜のスープカレー、特製玄米、サラダ、お漬物付を頼む。でもどうやらここではサイドメニューか?945円。そこにイベリコ豚のベーコンをさらにトッピングした。300円くらいだったかな。

辛さは0から10までで、聞いてみると0が「中辛より少し甘いくらい」らしい。少し甘い? まあ3で手を打っといた。副部長はやはりびびって「1」。

先にサラダがでてきてそれからスープカレーがやってきた。

20060321 0043.jpg

うん? 今まで食べてきたスープカレーとは色が少し違う。今までは赤みがかったいかにも辛そうな色だったけど、ここのは黄色がかってる。

具はたしか、にんじん、ジャガイモ、ブロッコリー、れんこん、サツマイモ、あとはこまごましたのがいろいろ。あとトッピングのイベリコ豚のベーコン。

玄米で食べるのは初めてだったし期待大で食べてみる。
「3」といっても全然大丈夫、そこまで辛くない。

半分ほど食べてみての感想。

スープカレーを食べたことが無い人がこれを初めて食べたとしたら、スープカレーを誤解するだろうなぁ

正直、ただの水っぽいカレーだと感じた。特にパンチの効いてないスープで、スプーンですくったくらいの量を口に入れても別に「うまい」とは感じなかった。
 また玄米が逆効果であとの方はスープのにおいというよりは玄米のにおいが強く残った。どうやらにおいの強い玄米でスープカレーを食うのはおれは「なし」だ。
 あと、にんじん、さつまいもが完全に煮込まれてなくて少しかたかった。
 イベリコ豚のベーコンはなかなか肉厚だったけど70%が油分で、食べてから少し経ったあたりでなんか体がぐったりしちゃった。メニューではいろんな料理に使われてるみたいじゃけどあんまよろしくない。

副部長いわく、「京都では初めにまずここを食べてからスープ屋さんとか行くのが正解だったね。」 笑ってしまうくらいにその通りだと思った。

ランチの時間はすべてにコーヒーか紅茶がサービスなのはよかった。
ちょっと面白かったのは店員さんが紅茶を持ってきて、
「有機栽培で作った紅茶と有機栽培で作った砂糖でございます。」って言ってテーブルに置いたこと。なかなか、、おもしろい。

20060321 0064.jpg

副部長いわく「皿はかわいかった」とのことなので一応そう書いとく。

京都のスープカレーを食べたのは今回で5店目。今までの4店はオススメできたけど、初めて!、ここのスープカレーは!、オススメできない。

非常に皮肉なもんだ。。おそらく京都のスープカレーの店の中で、最高の立地と最高に集客力があるであろうここのスープカレーが「なし」とは。。。
スープカレーのイメージをここでつけてしまったら今後「スープカレー食いにいこう!」とはならないだろう。

京都スープカレー事情はまさに表裏一体。


・ただ後フォローながら、一日20食限定ランチや、「なすとズッキーニのトマトソースパスタ」はおいしそうな気がしたことを追記しとく。



※おれは24に帰る予定なので京都のスープカレー全店制覇が厳しくなってしまった。副部長は忙しいらしいが暇人のおれは明日おれの中でのラスト一食を食いに行くことにする。

長読に感謝。
posted by Khaki at 18:42| 京都 ☔| Comment(2) | TrackBack(2) | 京都スープカレー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

京都スープカレー部 〜エルイーアジア〜

久々のスープカレー行脚!久々に副部長とも会って、さらに2人友人もその後の目的もあって参戦。
今出川の東大路と白川の間にあるらしいってことで行ってみる。

百万遍を東へ歩く。歩く。歩く。  ない。
おやおや、また「やってます」同様やってないのか?と思いつつ少し戻ってローソンで聞いたら思い切り通りすぎてた。。。

これわかりにくい!ロックンロール居酒屋かなんかが入ってるビルの中二階。
路上に「エルイーアジア」って書いてあるメニューを載せた箱がおいてあるからそれを見逃さないように。

エルイーアジア、スープカレーがあるけど看板にはインドネシア料理という文字。マジ辛を予想しつつあえてグリーンカレーを注文。

副部長はなんとビビッて昼のランチ(ナシゴレンとスープ)を注文!
こりゃもう破門も辞さないよこちらわ。。
さらに他の二人はライスとのセットじゃなくてスープカレー単品を注文。
素人はなんたるかがわかっちゃいない。ライスあったほうがうまいって!

20061023 207.jpg

昼からビールと共に食す。グリーンな理由はおそらくバジル。

久しぶりに食べたからかはじめはかなり辛く感じたがあとから落ち着いてきた。ただまぶたから汗が出るのを感じたし体中の穴が開放されるイメージはいつもと一緒。

赤ピーマン、緑ピーマン、ナス、かぼちゃ、ジャガイモ、鳥、シメジ、にんじん、ゆで卵、あたりが入ってて非常に具沢山。得した感あり。
 んで味だが、、うまい。うまいけど今までのジャパニーズカルチャー出身のスープカレーとはなんか違う。 少し脂っこくて味も東南アジアぽい、なんとなくね。

他のメニューもなにやらうまそうだった。

あとメニューの一番上のビールがうまかった。

初参戦の二人は入部。

しかし京都スープカレーはおそらく全部制覇したはず。今後は大阪、神戸あたりまで勢力を伸ばしたい。

うまいとこあったら教えてください!
kazutron@hotmail.com

posted by Khaki at 20:56| 京都 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 京都スープカレー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。