2005年10月21日

アーアーアー、ツェーツェーツェー

アーアーアー、ツェーツェーツェー

アーアーアー、ツェーツェーツェー

ジンジャーエー、ジンジャーエー
posted by Khaki at 00:41| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーアーアー、ツェーツェーツェー

アーアーアー、ツェーツェーツェー

アーアーアー、ツェーツェーツェー

ジンジャーエー、ジンジャーエー
posted by Khaki at 00:41| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

移転してまいりました。以前の記事は…

こちらで↓↓

http://blog.drecom.jp/lierye/

まだまだ全然わかんねーよ、シーサーって奴を。

posted by Khaki at 00:57| 京都 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

菊花賞を予想しよう

出馬表

第66回菊花賞。3歳クラシック最後のG1。今年の皐月、ダービーと一頭のとんでもない馬が他の軍勢を一気にゴール前でちぎった。

武騎手の皐月でのコメント「飛んでるみたいでした。」

そして明日の京都競馬場にその馬がやってくる。史上2頭目の無敗の3冠馬が登場するかもしれない。

仕上がりの早い馬が勝つといわれるのが皐月賞。運のいい馬が勝つと言われるのがダービー。強い馬が勝つと言われるのが菊花賞。
3つのクラシックの中で最も勝ちづらいのがこの菊花賞だ。

3歳馬ではほとんど経験したことない3000メートルという長丁場。去年はデルタブルース、一昨年はザッツザプレンティ、それぞれ8番人気、5番人気と荒れに荒れている。

ディープインパクトには一切の穴はない、だろう。誰しもが思ってるようにおれも3冠するんだと確信している。歴史に名が刻まれる瞬間を見たい。

一つ怖いのは武騎手の3年前の菊花賞の残像。1番人気に推された武豊騎乗のノーリーズン。
スタート直後に落馬により競争中止。

事故、あるいはトラブルは「絶対ない」なんて言えない。それさえなければ。。。



さて菊花賞にどっさりつぎ込む人も多いかもしれないけどおれは金もないし、できるだけ小額で楽しめるかってとこが重要だ。1.1倍の単勝とかに賭けてられない。馬単も一頭固定ではオッズもさぶいことになる。

ってことで当然のように3連単でいく。

予想。買うかは別で今見た感じでの予想。

◎ ディープインパクト(至極!!)  ←アンチにはなりたくないから素直に応援!

○ アドマイヤフジ
△ フサイチアウステル
▲ レッドバトラー
× シックスセンス

アドフジは追いきりがよかったことと、先週秋華賞で惜敗だった福永騎手の意地をみたいから。せめて一矢報いてくれ!

フサイチは唯一京都3000メートルを走った経験があることで長距離適正○が確定してるため。ギアガの大穴をあけるならこいつかも。空気読めよ。。2着までだぞ。。。

レッドバトラーは菊花賞特有のわけわからん馬がピョンと飛び出るイメージと一番マッチするから。

シックスが2着とかだったらこの年代の2強確定(インティライミ復活までは)であんまおもんないし、まあくるならこいよ、ってとこかな。普通に対抗本命なのが正解かもしれんけど。ただ堅い堅いレースなんて想像したくないさ、おれは!!

普通に1着固定の4頭フォーメーションで買おうかな。
posted by Khaki at 01:27| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(4) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

日本シリーズ 〜夢の対決〜

今、週刊少年チャンピオンで連載されている「ドカベン」と週刊モーニングで連載されている「野球狂の詩」がかなりおもしろいことになってる。どちらも水島 新司先生の漫画だ。

なにがおもしろいって、ドカベンのほうで派パーグ優勝した山田太郎率いる「東京スーパースターズ」と、野球狂の詩の方でセリーグを制した岩田鉄五郎率いる「札幌華生堂メッツ」が日本シリーズで対決するという企画で、チャンピオンとモーニングで8週に渡って2誌同時連載しているわけだ!!

つまり日本シリーズの1試合を、チャンピオンはドカベン側の視点から、モーニングは野球狂の詩側の視点からで同時進行で描いている。

おれは野球狂の詩もドカベンもたまーに読むくらいだったけどこれがめちゃめちゃ面白い!それぞれの思惑が入り混じっててそれぞれが「読みつ読まれつ」で試合が進行していく。

全然この2つの漫画を知らなくてもかなり楽しめるから是非読んで欲しい!!
モーニングのサイト見たらわかりやすいフラッシュがあるから見てみたらいいんじゃないかな?

それにしてもモーニングは講談社、チャンピオンは秋田書店。それぞれライバル関係の2誌がこんなおもしろい企画をするなんてすごい!たしかにおれがそうだったように2誌どちらにも相乗効果がある!もちろん水島新司もすごい!
週刊モーニングオフィシャルサイト

秋田書店のサイト

言うなれば「タッチ」と「H2」が対決するのと一緒だ。←これだとどのキャラも顔一緒でわかんないな。
「ハンター×ハンター」と「幽遊白書」でゴンと幽助とかヒソカと仙水が対決するような感じかな。。。。いやそれはどっちも集英社だから今回のはそれよりある意味すごい!!


この8週の連載の最後にどんな結末が待ってるのかはめちゃくちゃ楽しみだ!全く読めない!

一番楽しみなのはやっぱり札幌華生堂メッツの水原勇気の使う魔球「ドリームボール」は岩鬼にしてみたら悪球だからがっつり打っちゃうのかどうか!!
水島新司のインタビューで「私にもわからないねぇ、岩鬼、ドリームボールをへたしたらすくうかもしれないねぇ」なんて言ってたけど、いやいやアンタが全部どうにかすんだろ!!
って思いつつも、実際にドカベンで山田が三振するストーリー立てをしてたのにペン入れの段階で作者の意図と関係なしで山田が満塁ホームランを打ったりするらしいからなぁ。
岩鬼対水原はかなり期待できる!!


あともう一つ、結局どっちが勝つの?ってことだ。チャンピオンもモーニングも自分側のチームを勝たせたいはずだ。どんな結末になるんだろう?12回延長引き分けの可能性もあるけどそれはちょっとなぁ、、、。

とにかく面白いから読むべき!!実際阪神対ロッテより面白そう。

テレ朝と日テレがスマステーションで完全同時中継したときも結構びっくりしたけど、今回のこれはびっくりに「大きな期待とエンターティメント性」をプラスした。
posted by Khaki at 00:10| 京都 ☀| Comment(3) | TrackBack(3) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

野次馬

いやー今日の朝4時ごろ、大変なことが起こった。

そのときおれは自分の部屋で自分の体内時計の狂いっぷりのとばっちりを食って寝れないでいた。だから「週間サッカーナビ」を見て

「あっ、元ポルトガル代表のザビエル、ドーピングしてたんだ」

とか思っていた。
その番組も終わって、CHARAを聞きながら布団に入っていたらどうにか眠くならないものかと考えていたら消防車のサイレンが聞こえてきた。その音は何重にも重なっていてしかも大きくなってきた。

でも、「はて、どこかで火事でも起こったか、それにしてもやっぱCHARAだよ。」って素無視していた。

それから1分くらいしてサイレンは止んだ。何の気もなく不意にベランダ側を見てみると60メートルくらい離れた住宅と住宅の間が赤い。これはもしかしたら大きな火事なのか?と思いベランダに出てみた。外はまだ一切の朝焼けもなく真っ暗で肌寒い。そしてなにより空気にビニールの焼けるあの匂いが混じっている。どうやら大きな火事のようだ。

おれは一切の眠気が飛んで、野次馬根性に火がついた。んでズボンを履いて(なぜか下はパンツ一丁だった)ジャージ着て外に出た。

家を出て左を見ると、毎日通る柳馬場通りが煙で白く霞みがかっている。
さてさてと8メートルくらい歩いたらなんと置いてあるごみ袋が燃えていた!

一瞬、「なんでこんなとこも燃えてんだろう?」なんて悠長なことを考えてたら高辻との交差点辺りに人が見えた。おれは「燃えてる!燃えてる!ここもここも!」と大声で叫んでた。イメージ的にはPROPIAのCMで増毛したおやじが会社の同僚かなんかに髪を触らせて
「もっともっともっと!きてきてきて!……プーローピーアー」なあの感じだ。

っしょーもないイメージはこれくらいにして、現場ではおれが叫んだらすぐにその人が反応してこちら側に走ってきた。銀色の重厚な装備のその人は道の隅の赤い箱から消火器を手馴れた様子で出してきてすかさず火元にそれをぶちまけた。

その早さに驚きつつも、明らかに火種となるようなものが近くにないことから誰かが放火したんだと確信した。何人も消防士が集まってきて火は5分ほどで鎮火された。警察や少数ではあるが普通の人も集まってきて、おれは一応第1発見者ってことで名前だの住所を聞かれた。

驚いたことに消防車が来ていた現場やおれが見つけた火災現場など同時に4件もの不審火があがったらしい。いやいや滋賀のNHK職員の放火などニュースではそれなりに見てきたけどそれがあまりに身近で起きたので焦る。
京都新聞にその不審火の記事があった↓。

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2005110900070&genre=C1&area=K1F


…ところで後になって考えてみると第1発見者だったおれの「至らないこと山の如し」な点にはびっくりさせられる。
まず最初に燃えてるところを見た時に、ぜんぜん驚かずに叫ぶことである意味放置できてしまったことだ。まさに平和ボケとはこのこと、おかしな事態に意外と驚かないのがやばい。

もう一つは消防士が消火にあたってる時に一切何も役に立てなかったことだ。後からきた消防士がほかのところから消火器や水の入ったバケツを渡していたがこのくらいはまずおれが気づいてしなきゃいけないことだった。結局おれは見つけて叫んでから消火されるところをただ傍聴しているだけだった。

……これじゃいかんわな。
posted by Khaki at 18:27| 京都 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

沈黙の艦隊

極めて軽めに。

沈黙の艦隊を友人から4〜16巻借りた。この大事な時期に・・・。

1〜3はどうにかしよう。


喧嘩商売ってどこで連載されてるんだろう?


今日の御所周辺の雰囲気はなんだ?まさに厳戒態勢。丸太町駅の御所側の出口が使えなくなってた。

御所って会談できるようなところもあるんだな。

トリニダード・トバコをひそかに応援。
posted by Khaki at 19:40| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

ジュラルミン祭り

今日、学校の周りがジュラルミンの盾を持った警官によって取り囲まれていた。
学校に行ってる途中では頭の上をヘリが飛んでいった。落ちてくるほどに低い距離だ。

地下鉄今出川駅では反戦デモをする人々、それを見物する学生、携帯で写真を撮る学生多数。
なんかもう祭りだった。厳戒態勢イコール祭りだ。

なんか統制のとれてないジュラルミン隊がウロウロウロウロ走り回っていた。いろんな都道府県から応援が来てるらしいし難しいもんだな。

そのものものしい光景をデジカメで撮れなくて少し後悔したけど携帯で写真をとる気には到底なれなかった。

その理由はみんな聞け!

携帯で写真とるときのアホ面をなんとかしろ!

口がブラックホールのようにあんぐり開いたまま携帯の画面を覗いてる、そして軽く口がにやけてるやつ。人間としての尊厳を完全に失ってる面だ。さらにそれやってててほかの人の通行の邪魔になってるやつ。もうまじで見てられない。

頻繁に携帯で写真をとる人!きれいに撮るために画面に気を取られるのはわかるがそんときの自分の表情を少し考慮してほしいぞ! その面こそ写真に撮りたいくらいだ。

posted by Khaki at 19:17| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

京都の不束者

おとついの昼ごろに京都に帰ってきた。日曜日は地元の友人と3人で焼肉食ってボーリングした。そのうちの一人、Kプーはだいぶ今の仕事がだるい様子でもう転職を考えてるとか。

京都に帰るにあたり、親父がスルット関西のプリペイドが余ってるから使えってなことでそいつを使って帰った。JRでは使えない気がしたので姫路からはマニアックに山陽電車に乗ってみた。初めての体験だ。

姫路駅から山陽姫路駅をチョロっと歩いて直通特急に乗る。看板には「シーサイドライン山陽電鉄」と書かれている。いい景色を期待した。

一番後ろの両に乗ったがJRとは比べれないほどチョボチョボの人ごみ。まあそりゃそうか。。
それにしてもボロい。電車が停まる際にものすごい軋み音が包み込む。
「ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」っと呪怨チックだ。

あとシーサイドラインといっても須磨付近の海岸線はJRの方が海沿いを走っていてこれだめ。
経験のために乗ったが高砂とかに骨をうずめない限りもう乗ることはないだろう。

新開地で阪急に乗り換えてからは目新しいこともなく烏丸まで帰ってきた。


一週間ぶりの京都は駅を出た瞬間に「さびぃ」って感じた。岡山はやはり京都より温かかったらしい。家に帰って壊れた携帯の充電器を探す。っが、見つからず。。。きついぞこれは。

時間が前後するけど昨日、前の前の携帯のアドレスを今の携帯に移し変えてもらった。この携帯は約21ヶ月前で時が止まっている。ここで告知。

--------------------------------------------------


今からさかのぼること21ヶ月前から現在に至るまでにアドレス、もしくは番号を変えた方はどうか私のアドレスにご一報をお願いします。
並びに同期間に初めて知り合った方もどうかよろしくお願いします。
お手数おかけして申し訳ありません。

--------------------------------------------------


さて月曜日に戻る。
誰とも連絡がつかないし暇だからビデオを借りにいく。スタンリー・キューブリックの「博士の異常な愛情(Dr.Strange Love)」を借りてみた。

問題はその後だ。ビデオ屋から出てみるとチャリがない。。行政ではないことは明らかだからつまりはパクられたんだ。京都に帰ってすぐだ。おれの脚が盗まれたわけだ。ほんの10分そこらで。鍵も掛けてたのに!

歴史と趣を兼ね備える古都、京都。日本の誇るべきこの街にベットリ糞を塗りつける輩がいる。もう、マジで腹立つ。まだチャリ買って2ヶ月も経ってないのに!

その日は周辺を2時間ほど鬼の形相でうろついて自転車を探した。おれのチャリに乗ってるやつ見つけたら後ろから裸締めしてそいつが失神する寸前にオモプラッタをかけて腕をへし折ってやろうと思ってたが無念にもそいつには会えず。

それで今日だ、今学校でこれを書いてる。昨日五条警察に行って被害届けを出してきた。学校へは地道に歩いてきた。一週間ほどは徒歩でどうにか生活しようと思ったが無理だ。家から学校まで50分もかかった。しょーがないからチャリ屋で新しい脚を買ってきた次第です。ばかばかしい出費だよほんと。
posted by Khaki at 16:08| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

週末のくだまき


数えてみたら金曜の朝から35時間近く起きてた。そんだけ起きてたのはいつぶりだろう。その間に二度たくさんの酒を呑んで昨日の深夜、家に帰ってきたころはもうぐったりだった。瞬寝だった。もうフラフラ。

12時間くらい寝て2時くらいに起きてからも若干酒が残ってて外に出る気にならない。カーテンを閉めてるから外は見えないけどタガの外れた寒さであるのは間違いない。名古屋は大雪らしいし。

結局、昔の爆笑問題カーボーイを聞きながら本を読んだり土曜の呑みで残ったチーズとか湯豆腐を食ったりしてくだをグルグル巻いている。ゴクをブチブチ潰してる。ハインリッヒの法則が何に当てはまるのかを考えてみたり。1対29対300。トヨタカップ見たり。押入れからカーペットを出したり。ウィルキンソンのジンジャーエールを飲みたくなったり。
posted by Khaki at 17:23| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。