2008年06月08日

The Sky Was Purple  〜Sopherの夜明け

フライヤー_200[1]...jpg

フライヤー裏_20...jpg

20080608 Sophervol2 渚 124.jpg

中崎町コモンカフェにて本日AM5:00まで、「Sopher 〜What Do You Wanna DO?〜vol.2」が行われました。

多くのお客様にご来場いただき、目次から、後書きまで美しく透き通った雰囲気を保つことが出来ました。切にありがとうございました。

今回の備忘録として考えていることを散文的に書いていきます。


反省点は後々に取っておいて、大団円、歓喜を先に。
今回、SopherにとってNextRoundへの大きな一歩を踏み出せました。


それはひとつのある会社の同世代のインサイドなイベントから大阪で成長できる土台のあるイベントへ。そうなれたと想っています。

処女ライブににて素晴らしき演奏でクラウドを魅了したJAMバンド『しゅんすけ with Overjoys』。

そしてアンビエントからプログレまで多彩な音とWITに富んだ歌声でコモンカフェを一心にした『Viewgross』。

そして人間離れした超絶なブレイキングを、体感した人々の目に焼き付けた『3−in』。

そして謎のTwinDJユニット『UMEDA×PUNKS』。


すばらしきパフォーマー、アーティストに花を花瓶に挿され、Sopherという玄関はうれしくてしょうがないでしょう。

多くのステージを求めている人々に、提供できる場所を作る。
もともとのコンセプトに近い動きができたのではないでしょうか。

花瓶を置くための玄関口は大きく、たくさんの靴がおけるほうがいい。それは今回の反省点でもあります。



ドラム機材の物理的なトラブル。
イベント開始予定30分前のMixerトラブル。
スピーカーが大音量でぶっ飛ぶリスク。

お客さんの快適な空間を用意するためには、もっとこちら側で考えなければならないことがあります。

Time、Place、Occasion。

『Sopher vol.3』では、また今回とは違った刺激と歓喜に満ちた空間を提供しようと想います。
それは8月か9月か。


無造作に並べられたたくさんの様々な靴。
美しく仕立てられた花が開いたドアの風でゆらゆら揺れる。

夜明けにコモンカフェからでた時の紫色の空。みたことがない色でした。

玄関から出たときの空の色は、どのような色になっていくのでしょう。
赤か、黒か、緑か、青か、灰色か。ピンクか。


全てを彩る色を持ち合わせた空に僕らは手をかざします。
かざす人はぜひ一緒にかざしませんか。

20060321卒業式以前 058.jpg
posted by Khaki at 22:41| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわ〜最後えぇ写真やなー。
次回のフライヤーで使いたい、なんて思ったり。
打ち上げも企画するのでよろしく。
Posted by ヒロト氏 at 2008年06月09日 12:56
土日はおつかれやんした!
版権フリーなんで使ったらよろしか!

打ち上げ2回しようぜ。近々とゾンビ帰りの7月初旬と!
Posted by Khaki at 2008年06月09日 22:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。