2005年11月25日

夜市



恒川 光太郎 著


第12回日本ホラー小説大賞を受賞したこの作品。そしてこの著者のデビュー作でもある。処女作ではないと思う。実家だと暇で本を読む時間が増えがちだ。

これは短編で2時間あれば余裕で読みきれる。

帯に書いてあるさわりを軽く書くと、

「夜市」では望むものが何でも手に入る。裕司は小学生のころに夜市に迷い込み、野球の才能を買った。その代償に弟を人攫いに売った。そのおかげで甲子園にもいった裕司だがその罪悪感はずっと胸の奥にあり時は過ぎる。あるとき高校の頃の同級生のいずみともう一度夜市に行き弟を買い戻そうとする。

読み終えてみると本当に短編だったなと気づく。その意味は短い文章で想像できるイメージの量が多いってこと。なるほど少ない言葉で想像力をかきたてる。

そして後半のくだりは読んでいけば先が読めるが、創り出せるかといえばなかなか出てこないかも。荒俣氏率いる選考委員が語るに「発想の逆転」が秀逸なのだそうだ。

おれが一番すごいと思ったのはホラーの枠には収まらないと思ったこと。ってかこれはホラーじゃねぇ!ちょっぴり怖い描写はあるがそれよりも重要なのはストーリーのイレギュラーバウンドだ。あれよあれよとファンタジーのように展開するのがうまいと思った。あとすっきり読める量がいい。夜読み始めて読み終えても空は明け方にはなってない。そのおかげでこの文も寝る前に書ける。

……ところでこのホラー小説大賞ってのはよく知らなかったが今回が12回目とまだ若い。今までの受賞作には「パラサイトイブ」や「黒い家」がある。
しかし大賞や佳作でさえ「該当作なし」となってる年が多い。マイナーなのか、厳しいのかはよくわからん。

選考委員の文を見る限り今年の短編賞を受賞した、あせごのまん著の「余は如何にして服部ヒロシとなりしか」が面白そう。主にタイトルが。

作家の卵の方たちの作品だから長編はちと手が出しにくい。ごめんよ。

posted by Khaki at 01:10| 京都 ☀| Comment(3) | TrackBack(6) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。TB、ありがとうございました。
私のヘンテコブログにトラバ頂けるなんて光栄です。

「夜市」は日常使わない表現や言葉が少ないので、辞書を横に置いて・・・という必要も無いかったため、ストレスなく楽しめました。長編を不得意とする私には適度な厚さで何よりでした。
Posted by 荒鬼 at 2005年11月25日 03:25
こんにちは、TBありがとうございました。

夜市。
心ひかれる装丁ですよね。
まだ買ってないけど。

ちなみに、ボクは左目が二重で右目が一重。
証明写真なんかだと、左右で顔が全然違います・・・

片二重同士、今後ともよろしく。
Posted by yoshi at 2005年11月25日 19:36

荒鬼さん>

初めまして!おれも長編はきついこと(頻繁に)あります。中盤くらいで軽くグダったら「いつまで続くんだよ…」って感じで。推理小説に多いですなぁ。引き込まれたら一気ですけどねぇ。。

yoshiさん>

おお片二重さんですか!これ実際なかなかいないですよねぇ。よろしく〜☆
知ってるのは競馬の福永ジョッキーと古谷実のヒミズに出てくる刺青の男だけですよ。後者は実在してないくらいに稀です。
Posted by kazutron at 2005年11月26日 01:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

夜市
Excerpt:     第12回日本ホラー小説大賞受賞作 「夜市(よいち)」とは、夜の闇の中でひっそりと開かれる   市場のこと。   「夜市」は、ファンタジー色の濃い、寓話的なホラー作品で   ..
Weblog: 荒鬼の人生ブローバック
Tracked: 2005-11-25 03:18

夜市
Excerpt: 著者:恒川光太郎 出版社:角川書店 選考委員激賞の、第12回日本ホラー小説大賞受賞作 何でも売っている不思議な市場「夜市」。 幼いころ夜市に迷い込んだ祐司は、 弟と引き換えに??
Weblog: ねぶかどねざる
Tracked: 2005-11-25 19:32

恒川光太郎『夜市』○
Excerpt:  第12回日本ホラー小説大賞受賞作。表題作と書き下ろしの「風の古道」の2篇を収録...
Weblog: 駄犬堂書店 : Weblog
Tracked: 2005-12-28 01:45

「夜市」恒川光太郎
Excerpt: 【さて、夜市で何を手に入れようか・・・】 第12回日本ホラー小説大賞受賞作 「夜市」恒川光太郎著。 発表されたばかりの直木賞候補の作品でもある。 まずは表題作の「夜市」 全て..
Weblog: 雑板屋
Tracked: 2006-01-05 11:17

夜市 恒川光太郎
Excerpt: すごいクオリティのデビュー作。 ■夜市 「夜市が開かれるそうなんだ」 どんな物でも売っている不思議な市場「夜市」 幼いころ夜市に迷い込んだ祐司は、 「弟」を売り「野球選手の才能」を手に入れる。..
Weblog: 幻のドルシネア
Tracked: 2006-01-23 00:34

夜市 恒川光太郎
Excerpt: 装丁は片岡忠彦。第12回日本ホラー小説大賞受賞作。 大学生のいずみは高校時代の同級生、裕司に連れられ夜市へ。裕司の目的は以前「野球の才能」と引き換えに売った弟を買い戻すこと…。表題作は、夜市のル..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2008-02-03 22:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。