2005年10月31日

25時




出演: エドワード・ノートン, フィリップ・シーモア・ホフマン
監督: スパイク・リー


「25時」って映画を見た。エドワード・ノートンがでてるやつだ。なんともひどく悲しい結末でへこんでしまった。エドワード・ノートンがどこかイデオロギー的な主張をする意味で「アメリカンヒストリーX」を思い出す。あれも悲しい結末だったな…。25時、人生において「新天地」を探すのは難しいらしい。


おれは普遍的な主張があるキャラをうまく演じれる俳優が好きだ、ショーン・ペンとかエドワード・ノートンとか(クレイジータクシーの)デニーロとかブラッド・ピットとか、そんなに映画見んから見る人からいえば偏ってると言われるかもしれんけど。・・・ってか音楽でもそうだ、おれにとってなんか伝わってくる音楽つくる人が好きだ。AIRとか真心とかthe back hornとかエレカシとかeastern youthとか好きだ。これも偏ってるといわれがちだけど。
逆になかったり、感じられない俳優、音楽はあんまだめだ。詩があるない関係なく勝手にこっちが感じるわけだけど。boards of canada とかfunk banditとか

でもそれがかなり重要なんだろう、だれにおいても。うまいコピーライターと売れるコピーライターは違う。うまくても伝わらないとだめだし、さらに伝わってから売れないとだめ…だそうだ、なるほどそうだな。


そういえば好きな俳優といえば仕事を選ばない俳優も好きだ。
サミュエル・L・ジャクソンとか。kill bill2に出てるの初めて見てすぐ気づく人どんくらいいたんだろう?5秒くらいしか出てないのに。ジュラシックパークで喰われる役とかも。
当然ここに寺島進も入ってくる。まじでたまらん。最近見た「茶の味」では頭にウンコのっけたヤクザ役で出てる。いやすげーよ、、、偉大だよ。


posted by Khaki at 14:02| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8800602

この記事へのトラックバック

25時
Excerpt: 映画の感想は十人十色。みなさんは、どう感じられましたか?
Weblog: roninの気になること
Tracked: 2005-11-18 10:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。