2014年01月26日

4.ベネツィアよりA


ホテルを出て、サンマルコ広場に向かう、とにかくガイドブックで一番でかく乗っている
ベネツィアの軸だ。

サンマルコ広場、サンマルコ寺院、ドゥカーレ宮殿があり、明らかに観光客が
多く、加えて怪しそうなおもちゃを売りつけている東欧系(アラブ系)の顔立ちの男も多かった。
イメージは、大阪の路上で何も紐もついてないのに動き出す人形を売りつけてる男だ。

IMG_5518_R.JPG

IMG_5515_R.JPG

プロペラがついた光るものをパチンコで飛ばして光って回りながら落ちてくるおもちゃか、
こぶしくらいの大きさのジェル状の球体を紙にたたきつけて、ぺちゃんこになって、
徐々に集まってきて球体になるおもちゃか。この二つを売ってる人はまあ、何回も見た。
3都市すべてでまったく共通したものを売ってるのでありゃ何かしらの黒コミュニティなのだろう。

スリも多いとのことで、がっちり鞄を握りながらうろつく。一気に夜になったので心細いものの
細い通路を通る。非常に明るく民芸品が売られているストリートでは、仮面を売っている店が多かった。
『アイズワイドシャット』に出てくる謎のパーティの参加者がかぶってるやつだ。
金額は20ユーロのものもあれば何も塗られてなくて5ユーロのものもあった。

IMG_5528_R.JPG

非常に多くの路地が川と橋の間に通っていて街を歩くだけで楽しい!オペラハウスやブランドショップを
通り過ぎてとにかく明るめの道を選んでどんどん進んでいく。
地図で目的地を目がけていくのはかなり難しかった!
暗いし、道もごちゃごちゃで、何よりあまりに立ち止って地図を見ているアジア人などスリなどの格好の
餌食になるのではとも思ったからだ。とにかくうろついた。


IMG_5532_R.JPG

20時ごろになりだんだん店も閉まりつつあり、とはいえリストランテに行くほどの気力もなく、
ファーストフード屋さん以上トラットリア未満といったところに入店し晩飯を。

グラスワインとレモンリキュール、パスタはカルボナーラ(8€)、ピザはカプリチョーザ(10€)を注文。
カプリチョーザはイタリア語で気まぐれで、どんなもんがどんくらいのサイズで来るのかと思ったら
予想通りでよかった。2人で食べるなら十分の量だ。
カルボナーラは日本で食べるものとだいぶ違ってクリーム感が全くなく、その代わりに卵感が強い。

IMG_5543_R.JPG

カプリチョーザは文句なしの味!さすがイタリア!そんな由緒正しくもなさそうな店だったが
この味というのはさすがです。
…カルボナーラはクリーム感のある日本の方がうまいかな!

posted by Khaki at 20:08| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。