2014年01月26日

3.ベネツィアより(イタリア旅行:ベネツィア→フィレンツェ→ローマ)



イタリア語ではベネツィア、英語ではベニスということらしいが、ベネツィアで統一です。

マルコポーロ空港に着いたのは13時50分頃だった。
天気はあいにくの曇り、今にも雨が降りそうな天気だった。

マルコポーロ空港からヴェネツィア市街へは電車で行くか、水上バスで行くか、
水上タクシーで行くかになる。
電車は非常に遠回りであり、水上タクシーは高い。当然水上タクシーで向かう。

ルートは2つあり。15ユーロ。あいにくの天気だがようやく吸えたイタリアの空気に心躍る。

IMG_5465_R.JPG

ヴェネチアングラスで有名なムラーノ島ヴェネツィア映画祭が行われるリド島
通りつつ、イタリア独特の赤レンガ屋根建築を眺める。やはり教会関連は見た目のインパクトがありますな。

IMG_5472_R.JPG

IMG_5469_R.JPG

さすが水の都、水上バスはさながら路上バスのようにいくつもの停留所に泊まる。
そのたびに、船を引っ張って渡し板をつけてくれる人がどの停留所にもいる。

ベネツィアで2泊するお宿は、サヴォイア・エ・ジョランダ(Savoia & Jolanda)ホテル。
サンマルコの駅の一つ前の駅の前。目の前は当然海で、横にはゴンドラが並んでおり、
向かいの島にはサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会があり、素晴らしい光景だ!
そしてベネツィアのガイドブックに100%書かれているサンマルコ広場とため息の橋のすぐ近く。

IMG_5499_R.JPG

IMG_5507_R.JPG

IMG_5500_R.JPG
ちなみに3都市ともエスティワールドで予約ホテルは4つ星なので期待感は上がる。
チェックインも滞りなくOK。ホテル税を現金で支払い、クレジットカードをコピーされ、
ボーイさんにチップ1ユーロも渡して部屋へ。

部屋は決して広くはなく、暗めの白熱灯にダブルベッド。バスルームは特に問題なし。
窓からの景色は横の建物の壁だ。
正直なところ4つ星というランクに期待感が上がり過ぎていた印象はあるが悪くはない。。


もともとの旅行特典だったウェルカムドリンクのシャンパンが。
IMG_5549_R.JPG

移動続きでカチカチになった体をほぐし、さてさて休憩もそこら、宵の口のベネツィアを
うろつくべく、外に飛び出した。 晩飯を食べねば!
posted by Khaki at 19:11| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/386175654

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。