2009年09月06日

ぼくんち


Comic


ぼくんち (ビッグコミックス)


Amazon.co.jp
「ぼくのすんでいるところは―/山と海しかない しずかな町で―/はしに行くとどんどん貧乏になる。/そのいちばん はしっこが/ぼくの家だ―」。腹違いの兄、一太。突然現れた、美しくてやさしい年の離れた姉、神子(かのこ)。そして「ぼく」、二太。クスリを売る。体を売る。金を貸す。とりたてる。この町の多くの大人たちは、そんなふうにして生きている。 from Amazone.jp




友人からの薦めで西原理恵子の『ぼくんち』を読んだ。

静かでありながら残酷で、そして優しい。
唯一無二な作品だった。こんなの見たことがない。


初めは画が稚拙で入りにくいのではと想ったが、画なんてものは
もともと伝えるためのツールだった。
中身がすごすぎて逆にシンプルな画がペーソスになっていた。

二太が住む町は、表面的にはこの上ない『終わりきった町』だ。
クスリ、盗み、やくざ、買春、貧困。実際の街で考えたらすぐに
イメージできるところ。

そこに生きている人々の生死と家族愛、幸せを随所に散りばめていて
キラキラ光った叙事詩にしている。

こりゃ、すごい。
友人の言うとおり、これは必読すべし。
きっと心が揺さぶられるところがあるはず。

毎週たった2ページのストーリーの連載の単行本だが、こんなに2
ページのストーリーでくるとは。。

お勧めです。


ちなみにアメコミの『ウォッチメン』をアマゾンで注文。
届くのが楽しみだ。


posted by Khaki at 15:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127427974

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。