2006年01月09日

四日間の奇蹟



出演: 吉岡秀隆, 石田ゆり子, その他
監督: 佐々部清

amazonより抜粋
浅倉卓弥原作小説を映画化。事故により夢を断たれたピアニストの敬輔が訪れた小さな島での奇蹟の4日間を描くラブストーリー。


ラブストーリーよりもむしろ自身の存在と価値についてを考えさせるのがエッセンスだと思う。

一つ一つの事の起こりがとても明確でそのなかに複数の解釈と感情移入を起こさせる。相当できた原作なんだろうと思うし佐々部監督の「泣かし」が「半落ち」同様かなり効いてる。

舞台となった山口県の角島ってのがめちゃめちゃキレイで行きたくなった。この映画のために作られたという奇蹟の舞台となる教会は新しい角島のスポットになってるらしい。たしかに、こりゃなるわ。冬の旅行の一つの選択肢に、、。。

石田ゆり子といえばおれがボロボロ泣いてしまった「解夏」で最高の演技だった名女優だけど今回もやっぱうまい、んできれい。さらにじゅんくんだよ。まさに適役。
あと子役の尾高杏奈と石橋蓮司に脱帽。この映画に出てくる健常者が演じる障害者役に違和感はほとんどなし。


余談だけどこの原作小説は第1回『このミステリーがすごい!』大賞・大賞金賞受賞作だ。ミステリー?うーむ。ミステリーって言葉のおれのイメージか。前読んだ「夜市」はなるほどミステリーかもしれないがこれはどうだろう?
本屋の小説の分け方がめちゃわかりにくい。
帯とかに「ミステリー賞受賞」とか書いてあったら、それをみてのイメージと実際の内容とがかけ離れてしまってて、読むチャンスを失ってることが多い気がする。
逆にミステリーファンが帯を見てこれを読んだとしたらどう感じるだろう。

映画でさえ(は特に?)名画に出会える確率は低いのに、さらに何倍もたくさんある本、小説からいいものを手に取るなんてほんと運命的にじゃないとありえない。

本屋で戸惑う。出版社別に同じ作家の小説が別々の場所にあったりするのがわかりにくすぎる。そんな戸惑いを消してはくれまいか?

おれは映画に関しては、網羅する気は毛頭ない。いい映画、面白い映画を見るために基本は自分のエゴでもって観ることにしてる。ただ人からの勧めは観ることにしてるけど。だからハリウッドのジャンジャカドカーン系はもう相当な量見てない。CMとかやってておもしろくなさそうに感じたら観ない。いやもうおれのエゴで決めてるから。

おかげで観る映画は満足できるのが多い。「観てよかった」って。
「うわ、まじでつまんねぇ」って観てから感じたら正直意味わからんしいやじゃし。
posted by Khaki at 01:11| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(15) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!
『四日間の奇蹟』、私も観ました。
とてもいい作品でしたね。
舞台の角島という島もとても綺麗でした。
この作品の監督の作品に『カーテンコール』と
いう作品があります。
これもいい作品なので、機会があれば
是非観て下さい。
Posted by hibiki at 2006年01月12日 12:55
hibiki>

おいでませ☆
角島って山口県と橋でつながってるんですね。日本にはまだまだおれの知らないいいところがたくさんあるようです。
佐々部清監督のはほかに「半落ち」しか観てなくてそちらでもヤラれたので「カーテンコール」も観てみますね!
Posted by kazutron at 2006年01月12日 19:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11478325

この記事へのトラックバック

四日間の奇蹟
Excerpt:  卒業式、学生服の第二ボタンが取られている男子生徒はモテてる証拠。え?え、ええ、もちろん見栄をはって第二ボタンははずしておきましたよ・・・ぁぁ、懐かしい。  韓流純愛路線やイマアイに代表されるファン..
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2006-01-09 01:36

NO.114「四日間の奇蹟」(日本/佐々部清監督)
Excerpt: 「入れ替わり」の映像化はとても困難。 「このミステリーがすごい!」大賞は、従来の文学賞とは異なっている。「原石を発見する」ための新人賞ではあるのだが、選考委員全員が「書評家」なのだ。そして、インター..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2006-01-09 05:31

四日間の奇蹟
Excerpt: 第118回 ★★★(劇場) 「誰かのために生きる」  これは人生を諦めかけた人間にとって「生きる理由」になる。だが、時に「生きる理由」は人間の心の闇である場合がある。  それは..
Weblog: まつさんの映画伝道師
Tracked: 2006-01-09 07:52

セリフに頼り過ぎ、気持ちが伝わらない◆『四日間の奇蹟』
Excerpt: 6月13日(月)TOHOシネマズ木曽川にて 将来を有望視されたピアニストの敬輔(吉岡秀隆)は、ロンドンの公演が終了した直後に、街角で発砲事件に巻き込まれる。少女をかばったために彼の左手は銃弾に打..
Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
Tracked: 2006-01-09 11:27

『四日間の奇蹟』
Excerpt:  異国の舗道(アスファルト)に響いた銃声、少女の叫び、  血に染まるピアニストの指先。  …“奇蹟”への序奏は、そこから始まった。   ■監督 佐々部 清 ■脚本 佐々部 清、砂本量 ■原作 浅倉卓弥..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2006-01-09 11:53

四日間の奇蹟
Excerpt: 映画「四日間の奇蹟」の感想です
Weblog: ジャスの部屋 -いん ぶろぐ-
Tracked: 2006-01-09 15:50

四日間の奇蹟
Excerpt: 本日3本目は「四日間の奇蹟」です。   全体的に地味な感じですが、人間味がよく出ていて、優しさがあふれてる作品でした。あたたかい気持ちにさせられます。 先週の「ミリオンダラー・ベイビー..
Weblog: ★☆★ Cinema Diary ★☆★
Tracked: 2006-01-09 15:55

四日間の奇蹟
Excerpt: 浅倉卓弥原作の100万部を超えたベストセラーの映画化。 電車男に引き続き、初日レイトショー最終で鑑賞しました。この日2本目。終わったのは2時前か・・・ スイマセン。泣けませんでした(−−; ..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2006-01-09 22:05

四日間の奇蹟
Excerpt: 伝わるはずのなかった想い生きるはずのなかった時間 君と過ごした四日間を僕はずっ
Weblog: any's cinediary
Tracked: 2006-01-09 22:30

?????ラ???????莵
Excerpt: 腱????????祉??荀潟????????絎?箴¥??鐚?鐚?鐚?鐚????鐚???цΤ???篋????????????????障????????罸????????????????????c??Τ?..
Weblog: 罨ч※
Tracked: 2006-01-09 23:10

四日間の奇蹟
Excerpt: 製作国:日本 公開:2005年6月4日 監督:佐々部清 出演:吉岡秀隆、石田ゆり子、尾高杏奈、中越典子、松坂慶子、西田敏行、平田満、石橋蓮司、鳥羽潤、西村和彦、小林綾子 『最後の恋のはじめ..
Weblog: 外部デバイスへの記録
Tracked: 2006-01-09 23:31

〔movie〕四日間の奇蹟
Excerpt: 四日間の奇蹟吉岡秀隆 佐々部清 石田ゆり子 東映 2005-11-21by G-Tools その四日間は神様が与えてくれた最高のご褒美… ****************************..
Weblog: 徒然なるままに
Tracked: 2006-04-19 15:57

作家さん募集(無料で出版!)
Excerpt: あなたの才能をためすチャンスです。出版してみませんか?→出版ドットコムでは情報販売代行サービをご提供しております。(登録継続費完全無料、個人の電子書籍販売を支援、作品販売時→作家への還元率70%)。
Weblog: 出版ドットコム
Tracked: 2006-04-25 00:24

映画『四日間の奇蹟』
Excerpt: この映画の良さは観れば分かる、観なければ分からない。百聞は一見にしかずと言いたい。自己の喪失と再生、犠牲と思いやり、大いなる家族愛・・ 将来を嘱望されるピアニストながら、暴漢から少女..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-08-13 14:03

『四日間の奇蹟』 振り返る時間
Excerpt: 我が母校じゃないですか! いや、母校がロケに使われている、 ということは聞いていたけど、 ここまで堂々と出てくるとは。 制服が、ちょっと違いますけど。 死ぬまでに、4日間の猶予を与えられ..
Weblog: *モナミ*
Tracked: 2006-10-31 19:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。