2008年09月08日

スローグッドバイ / 石田衣良

book(2008/07/06〜)


スローグッドバイ (集英社文庫)



「涙を流さなくちゃ、始まらないことだってあるんだよ」。恋人にひどく傷つけられ、泣けなくなった女の子。彼女に青年の心は届くのか(「泣かない」)。上手に別れるため最後にいちばんの思い出の場所へいく。そんな「さよならデート」に出かけたふたりが見つけた答え―(「スローグッドバイ」)など普通の人たちの少しだけ特別な恋を綴った10篇。出会いから別れまでの一瞬一瞬をやさしく描く傑作短篇集。


石田衣良って人は、心がとても若い人だ。飲み屋で同年代から思い出話を聴いてるような気持ちになった。

短編一つ一つもかるーく読める。梅酒の水割りで酔っ払ったような気分だった。
印象に残ったのは、コールガールをしている女性の物語。
相手とホテルに入っていろいろ戯れる。話の最後は予想だにしないゆるさだった。


てか短編てのはやっぱりよほどの内容じゃないと後からなかなか想いだせんね。
長さを感じさせない短編的な長編が一番好み。

★★★☆☆☆☆

posted by Khaki at 20:19| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。