2008年08月24日

こころ / 夏目漱石

book(2008/07/06〜)


こゝろ (角川文庫)



「自分は寂しい人間だ」「恋は罪悪だ」。断片的な言葉の羅列にとまどいながらも、奇妙な友情で結ばれている「先生」と私。ある日、先生から私に遺書が届いた。「あなただけに私の過去を書きたいのです…。」遺書で初めて明かされる先生の過去とは?エゴイズムと罪の意識の狭間で苦しむ先生の姿が克明に描かれた、時代をこえて読み継がれる夏目漱石の最高傑作。


夏目漱石って人の本をはじめて読んだ。なかなか髭がおしゃれで財布を開けたらほぼ毎日其の風貌を確認できるこの人はどんな本を書いたのか。気にはなっていたが、機会がなかった。

有名な作品がいくつもあり、今回読んだ「こころ」もそのひとつ。
これを読む機会を得たのは、ちょうど病院の本棚においてあったからだ。

なんとも暗いストーリーだが心に残り考えさせられた。


本書にでてくる「先生」の過去が描かれる後半は、とにかく切ない。
先生とK、そして居候先の「娘さん」。
男同士の嫉妬が生生しく描かれている。暗く閉ざされた世界。

前半へのストーリーの回帰が巧妙で今まで読んだ本とは少し違った読後感。

それにしても古典文学で名作と呼ばれる作品にでてくる男のキャラクターってのは、なんとも無力で、なにも積極的な行動をしないイメージがある。 なにもせずに苦悩するキャラクターに同感することもあるが、男らしくなくていらいらすることがある。
なんだろう、大衆文学よりも純文学よりなモノがよしとされていたのだろうか。それとも流行がそういったモノだったのか。


もし次に夏目漱石の本を読む機会があるならば、「草枕」を読んでみたい。冒頭文だけ目にする機会があったが、それに痺れてしまった。
日常生活では絶対にお目にかかれない文章の美しさを感じてしまった。
気になる作品である。

その冒頭文だけを以下に紹介。
 山路を登りながら、こう考えた。
 智に働けば角が立つ。情に棹(さお)させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。
 住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。

夏目漱石「草枕」より



posted by Khaki at 21:41| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。