2009年12月22日

トラップショット



Clap!Clap!Clap!


寒空に空を見上げても星は数個しか見えない。
秋は星が少ないらしい。プラネタリウムでそういってた。

アルデバランやシリウス、ペテルギウスを探そうにもまったく糸口もつかめない。


最近おもうのは、好き勝手に生きるほうが楽しいってこと。

だいたいのことは楽しくなる。けど、だいたいのことは忘れてしまう。あの日だれとなにをしたなんて何もかも忘れてしまう。


だったら好き勝手にしようじゃないか。好き勝手できないときは何かが重くのしかかっているときで。そんなときは不安や心配が胸いっぱいだ。
。解脱や涅槃が見えずに泥に足を突っ込んだままつめたさを足で感じながら、それでもどこが冷たいのかさえわからない。

でも、泥は実は足にはない。顔にべったり何層にもわたって付着している。
足しか見なかったら足に泥があるとおもうかもな。



悲観主義。そこに救われない楽観性があってこれが怖い。






めをとじて、人のことを想像する。自分と一緒にいる人を想像する。
一緒にいる人は、笑い顔がかわいらしい。

馬鹿ばっか言って、静かにカフェオレをすすったりする。
甘いカフェオレは受け皿に少しこぼれて湖になる。湖に人の笑い顔が映ってそれが空の彼方まで透き通らせる。
天井はいつのまにかなくなって、頭上のその上にで真っ白な雲がすごいスピードで北から西方向で走っていく。

好き、、それはいいね。
勝手にしようじゃないか。


手を広げて、足も顔もなにもかにもついた泥を落としてしまえ。

実は泥はない。金色の砂だ。
目を閉じて人を想ってみる。


Clap!Clap!Clap!


posted by Khaki at 00:26| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hitorigoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

今年見た映画

今年のおれの文化的トピックとして、去年に比べてよく映画を観たってのがある。
主にDVDだが、名作、傑作と昔から言われている映画はやはり面白かったというのが結論。

以下に今年初めて見てよかった映画を羅列します。
順番は評価と関係なしです。今年公開とかも関係なしです。
よかったら年末年始に見てみてはいかがですか?

スカーフェース
グッドフェローズ
ブロウ
パルプフィクション
マッドマックス
ゴッドファーザー 1,2,3
街の灯
クローバーフィールド
ぐるりのこと
愛のむき出し
時をかける少女(アニメ版)
グラントリノ
WALL・E/ウォーリー
ダークナイト
北北西に進路をとれ



以下は、来年観たい映画。観た人はネタばれはご遠慮を。。

District9
レスラー
シークレットサンシャイン
mind game
母なる証明
3時10分、決断のとき
スラムドッグミリオネア
ノーカントリー
恋はデジャブ
GANTZ
サマーウォーズ
イングロリアス・バスターズ

大林宣彦作品全般
ジャン=リュック・ゴダール作品全般
ウディアレン作品全般
アイマックスシアター作品全般
ヒッチコック作品全般

posted by Khaki at 11:52| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。