2009年11月18日

晩ごはん sing a LoveSong


豚肉を熱いフライパンに「ジュッ!!」を放り込む。

軽く塩コショウを振ってお玉とフライパンを揺らす。

たまにキャベツを大きくざくっと切る。
切れ目に平行に薄切りしていく。
90度方向をかえて今度は2センチおきにざく切りする。
芯付近は1センチとか0.5ミリに挑戦する。
約半玉は入れとくべき。

そこまでしたら再度塩コショウを振ってフライパンにふたをする。
うちの電気コンロは火が弱い。

ちくわを取り出して縦十字に切る。
そしてざく切り。タブレットガムくらいの大きさのちくわを2本分。


ふたをあけてキャベツとちくわを放り込む。
さらにフライパンを揺らす。

しょうゆを少々入れて、全体的になじませた後に、
ゴマドレッシングも少々入れてさらになじませる。

ふたをしてキャベツをそろそろしならせよう。


炊飯器が「OK」を告げた。
どんぶりに炊き立てのご飯を中盛りくらい盛る。


同時にポットのお湯が沸いた。
インスタントの味噌汁のだし部分と味噌部分を別の
茶碗に入れて湯を入れる。
あがる湯気。なんとも冬のにおいがする。


フライパンのふたをとればグツグツとキャベツがうなる。
かつお節を入れてさっと混ぜたところでコンロをの火を落とす。

中盛りのごはんにさっとかける。


キャベツはキラキラ光って湯気は一瞬鮮やかなグリーンな姿を
みせてすぐに白くなった。


大学生っぽいこのかんじ。


あしたはやすみ。
晩ごはん sing a LoveSong.

posted by Khaki at 21:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

クローバーフィールド【観ろ!!】

movie2


クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]


出演: リジー・キャプラン, ジェシカ・ルーカス 監督: マット・リーヴス
<予告編 Youtube>


★日米でNo.1を記録する特大ヒット!迫真の映像で迫り来る“体感型”パニック・アクション!
★ニューヨークで青年ロブの転勤送別パーティの最中に、正体不明の巨大生物が出現。街はパニックと化し、戦闘状態に突入する軍隊。ロブは恋人の救出に向かうのだが…。
------------------------

上の予告編を観て面白そうと思った人は詳細をググらずツタヤかゲオに直行してほしい。

85分!!長ったらしくないのがまず好感。

ホラーは嫌いって人へ、、
 ホラーじゃありません。ただびっくりするとこはあるよ。


今年は「愛のむき出し」が一番の衝撃作品かと思ってたけどこっちだわ。(http://www.ai-muki.com/




舞台はニューヨーク。
若者の(まさしく僕らよりチョイ上くらいか)パーティの途中で、轟音とともに街がすさまじい状況になっていく。

なにか大きなものが飛んできたと思ったら、自由の女神の首。

ここから先はとりあえず観ろとしかいえない。


とてつもないパニックのなかで、描きたいのはなんなのかっていうとたぶん2つ。

ひとつは、宇宙戦争とおなじ。弱さ。得体の知れないものの恐ろしさ。
もうひとつは人間味。想いの実行。


エレクトロニカやノイズ音楽が好きなら全編気に入ってしまうはず。


かなりの低予算でつくられた本作。ぜんぜんそうは思えない。
全編ハンディカメラでの撮影。めちゃくちゃリアル。
どうやって?どうやって撮ったの?

いままでなかったけどやってなかったあまりに斬新な語り方。
それやるーーー?  やられた。。


そしてエンドクレジットの音楽。町山智浩氏の言葉で言うと「伊福部魂!!!」


はじめは酔うかもね。でもたぶん圧倒的映画体験になります。



次に観るのは「グッド・フェローズ」。マーティン・スコセッシ。
観てませんでした。
もうレンタルしてるから観たらまた書きます。
posted by Khaki at 00:42| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。