2007年12月24日

馬鹿日本語


『空気読めない』を最近略している人が多い。

久々の日記がこんな内容なのは切ないがここは言わずにはいられない。

KYって何だ? ゴンザレスも言っていたが、『空気読める』もKYではないか。この馬鹿な日本語が本日の有馬記念の勝ち馬にも言われていたらしい。
怒り心頭だ。

言ってる奴らは果たして空気を読めているのか。
空気がわかるのか、と。

その言葉が空気を読んでない。

ってかこんなのが流行るな! 
流行るならもっと気持ちいい言葉が流行ってくれ。

posted by Khaki at 00:23| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

2007年を振り返る

2007年。このブログを立ち上げてから一番記事数が少なかっただろう。この1年。振り返ったことをしたためておく事にしよう。

心、技、体の3つに分けて考える。

『心』

この世に生を授かり24年。生活の中に、『仕事』という要素が加わり、それが生活を呑みこんでいった1年だった。
『心』は平日に疲弊し、休日に回復する毎日だったが、トータルで観て疲弊が大きく上回った。
心の安らぎは良き友や趣味、異性にもらった。

良き友は、どこまでいっても良き友だった。静まった水面に石や葉を投げ、揺らめかせてもらった。あまりに大きな石もあったが、それもまた僕は癒された。

趣味は、加速した。さらに来年は加速するだろう。ジャガーベースを買うかどうかはここ数日悩むだろう。
そしてだ。CISCOの閉店という大きなニュースが世界中を駆け巡ったが、このレコード枯渇という予期される問題を解決する術、そしてライフスタイルの脱却する方法はまだ見出せていない。 それは一時期を除き、音楽への向き方がおざなりになっていたという事実が影響していた。

異性は、、みなまで言わない。ただもう終わったことだ。


心。一番の問題だ。

情熱を燃やすことを忘れてしまったのかもしれない。燃えているのかもしれないがそれを自分の中で断言できないのだ。
『おれ、今、燃えている…!!』という気持ちがわからない1年だった。それは、仕事の忙殺が原因か、それとも自分自身の老化が原因なのか。

冬の海に、躊躇せず飛び込めるような精神に、自分を鍛えなおす。
まだ観ぬ2008年はそういう自分になっていきたい。



『技』

確実にあがりつつあった。何にとっても。
しかしそれに奢らず、上げ続けることを忘れない。


『体』

問題が発生した。
腰に痛みを抱えるというアクシデントがあった。
来年の至上命題は、早期の完全治癒。

フットサルもしたい。スノボも行きたい。


総括して、「迷」の1年。悩みはあるもののそれを解決する術を見出せなかった。そのまま消えていった(消してしまった)関係もあれば、何とか保っている関係もある。

いやむしろ『解決しようとしなかった』が正しい。
考えるのをやめたのだ。全てを受け入れる。受け流す。

それでいいのか?そんな疑念が生まれては消えた。

2008年は頭の疑念を全て解決したい。おざなりにしない。

うん。そうしよう。
posted by Khaki at 00:08| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | hitorigoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。