2007年11月02日

爆弾


爆弾ってのはいつか爆発するもの。
おれが抱えた爆弾はじわじわと効いてくる。

ひどい爆弾だ。。持って初めて気づくことってあるんだな。

ボマーがおれに仕掛けた爆弾は、椎間板ヘルニア(の疑いがある)。

腰の痛みがひどくなってきたから形成外科に行ってみたら、
「爆弾が仕掛けられているよ?」の一言。

なんどか聴いたことがあるその爆弾の名前。まさか自分に仕掛けられていたとは。。


男。24歳。その男、腰に爆弾を所持している。


ドクターはなかなかの名医でこちらが痛む部分を即座に当ててくる。ズケズケとものをいうそのドクターの二言目は、

「プニュってでるのがヘルニアなんや。椎間板からプニュってでたら椎間板ヘルニア。腰椎からプニュってでたら腰椎ヘルニア。脳からプニュってでたら脳ヘルニアや。」

脳ヘルニア?



とにかく今、日中は腰にコルセットを巻いて生活をしている。
来週MRIに入る。そこではっきりと病名がわかる。まだあくまで椎間板ヘルニアの疑いがあるだけだ。

単に小人が腰をつついているだけかもしれない。
その姿がばっちり映るかもしれないわけ。
そうならそいつらをつまみ出せばおしまいだ。


ああ椎間板界隈を司る神よ。。
我が身をなんとか健康でいさせてくれないか。

治療法求む。。

posted by Khaki at 22:45| 京都 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まじめに

まじめに、よくないことは立て続けに起こる。

このブログの一番下、もしくは右側に犬の横顔があるだろう。

その犬が今、まさに生死の境をさまよっている。
かなり前から足に変なコブができたりしていたが、病院に連れて行ったところズケズケとものをいうドクター(シンクロニシティ)が、

「この子の肝臓がボロボロです。1ヶ月もつかどうかかもわかりません。。」

と言ったそうだ。

はっきり言ってすでに泣きそうなんだ。
おれが中1の初めにきた犬だ。約12年。人生の半分を共にした家族。

この土日で実家に帰る。これが最後の対面になるのかもしれない。

帰って、奴が大好きな散歩に連れて行ってやろう。
もうヨタヨタ歩きかもしれないけど、それもまた奴とのひと時の貴重な時間。





posted by Khaki at 22:55| 京都 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

米澤工房

出町柳駅からバスで西へ。
北野天満宮のバス停で降り、御前通を南に500mほど下りてきたところを左折。

そこに米澤工房がある。

昨日そこで陶芸をしたわけだ。黄土色の土を練る例の奴だ。

手びねりでぐいのみを作るべくして土を練っていった。完成までのプロセスとしては以下の通り。

1、円状に粘土を伸ばす。

2、円状の粘土に、太い棒状にした粘土を周りになめす。(約二回)
 ※その時、つなぎ目は焼いた時にひびになる可能性がある為、
  きれいに指でならしていく。

3、徐々に上に伸ばしていき、厚みを一定にしていく。

4、上部を糸ようじみたいなので切ってそろえる。

5、水で濡らした皮べらで縁の表面をならしていく。

6、底に針で印を作って出来上がり。


非常にたのしかった。そしてあれは難しい! 手順「3」の時にやけに縁が開いていってぐいのみが茶碗になりかけてしまった。
そこをどうクリアするかが明暗を分ける。かなり強引に縁を縮めた。

出来はいかなるものか。来月焼いた作品が届く。楽しみだ。


米澤工房。 陶芸体験。 手ひねり3000円。
米澤のおじさんも非常に若い雰囲気の方でごきげん。
おすすめ

http://www.eonet.ne.jp/~y-kobo/

posted by Khaki at 17:57| 京都 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。