2007年06月02日

ロングテール

金曜日は最高の曜日なのは周知の事実です。知ってのとおり。
これほどまでに舞い上がるのは7分の1の幸せですわこれ。

明日は走って森之宮に行くぜ?
ライブはその後。全てはイースタンを観るが為。

男注入。 魁。
posted by Khaki at 03:54| 京都 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | hitorigoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

RushBall☆9

rb9_logo140.gif

フェスのいいとこわるいこと。

イースタンユースがなぜ中盤に出てくる?!
大トリだろこの面子なら!

30分くらいとエライ短かったし途中喧嘩があって中断したし非常に残念。
フルカワミキでダレてアヒトイナザワのバンドの途中で MO'SOME TONEBENDER 、かりゆしを観ずに帰った。

PAがなんかしょぼくてギターの音が小さかったりいきなり音がでかくなったり、挙句ハウったりとプレイベントらしい一幕だった。

アナログフィッシュがかなり渋かった。


にしても野フェスは気持ちいい。ビールを毎週ガロン単位で呑んでる。
Sense Of Wonder も行くしかない。間違いない。

Sense Of Wonder
http://www.s-o-w.jp/index.html

Tokyo No1 Soul Set、井上薫再び。
ROVOが決まれば3連休全てを投げかけて行ってやる。
posted by Khaki at 22:31| 京都 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

一生もんの鞄を買った。

大学時から使っているイゴール・ボブチャンチンのトートバックはいい加減ボロボロだった。

Gran Sac'sのブランド「クリフハンガー」の鞄。
先週一目ぼれで今週ゴールイン。

この鞄ひとつで早く旅をしたい。

写真をアップしたいがデジカメを出す気力が無いので又今度。

↓↓

んでアップ。べヴィープレイ中です。

20070617 007.jpg

posted by Khaki at 22:07| 京都 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

ダーツにはギャンブル要素がある。

今日3時間ほどダーツをやった。レイティングは相変わらず4のまま。
576がハイスコア。
ライブでめちゃめちゃしないとだめだ。
当然あがんねえ。

やりながら想ったがダーツライブの「バキューン」って音を聞く時は快感だ。
自分の集中力が極限になって無心になったときのあの音。
ハットトリックだったらなおさらだ。自分が真っ青な海に1人浮かんでいるような無心。
あの感覚が集中しているってことだろう。

あのホリックな気分と戦略、戦術を実行するという策士な気分。
考える考えないの相反する感覚が両立しているのがダーツであり、ギャンブルだ。

ギャンブル好きはダーツが好きになると想う。
ジェットコースター好きにホラー映画好きが多いように。

混じり合って高揚感が生まれる。
疲れ果てた右足と右腕がなぜか心地よい。

バキューン、バキューン、バキューン

面白い。


posted by Khaki at 01:10| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | hitorigoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

Special Others 〜中津駅にて〜


STAR(初回限定盤)(DVD付)
music

SpecialOthersの新作が非常によかった。
ひっさびさに茶屋町のタワレコで試聴してすぐ買った。
ちゃんと聴いたのは初めてだがいい。
静かで美しいギターのリフとは裏腹に大きな力強さを感じる。

友人から借りた65days of staticの強さと似ている。
ROVOが宇宙的。
65days of staticが太陽的。
ならばSpecialOthersはもっともっと若くて、日常的な力強さだ。
向かいのホーム、路地裏の窓。そんな感じ。


鞄を買ってからというものなんでもとにかく持ち歩くようになった。
本、手帳、ダーツ、ウォークマン、小説、、、

未だにおれはCDウォークマンだ。これを全く持ち歩いてなくてウォークマンの面汚しだったわけだけどそれも大分変わってくるかも。

青空の下、SpecialOthersを聞いていたら音楽が青空から降ってくるような気分になって、世界が広くなる(気がする)。


<余談>
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
そういや今日茶屋町から中津まで歩いた。
阪急中津は梅田、十三の間だが急行、特急はスルーなので行ったことがなかった。
電車に乗っていて中津駅を通り過ぎる際の印象は、

「ホーム間隔狭っ!!」

実際に行ってみたいとも想った。あと結局それから十三でブッチャーズのライブ見に行く予定だったから、梅田に戻って阪急乗るのはめんどくさいっとも想って実際行ってみたわけ。



中津駅前には物干し竿にジーパンだのTシャツだのが干されていてなんとも甘酸っぱい大阪臭が出てた。
んで実際ホームに行ってみた。

20070617 002.jpg

……ホーム間隔狭っ!!

これは狭い。。入り口は一つ、階段でホームへ行くと梅田側先頭車両付近で両端線路。
北海道でかまぼこ板みたいな駅を見たがそれとは又違う世界。

この線路−ホーム−線路の感覚が狭い!車椅子の人は白線の内側のみを通るのは難しいんじゃないか?棒とかあるし。
「拾い棒」って??

ってかそもそもエレベーターが無いから担いで階段上らないとホームに出れない。


見てのとおり白線の内側は、抱き合った二人がやっと入れる位のスペースだ。(黄色いポコポコロードはちゃんと空けておきましょう)


もう二度と来ないだろうからわざわざ電車が両方通り過ぎる瞬間まで待ってみた。
↓↓
20070617 004.jpg

ゴゴゴゴゴ。うーむ、なんとも電車の威圧感がすごい。ゴゴゴゴゴ。

梅田から一駅。市街地中の市街地。なのにこの扱い。



淀川花火の際はいっぱいになるのかな?
めちゃくちゃあぶねぇぞ。

posted by Khaki at 19:09| 京都 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。