2007年03月01日

すばらしき人々

素晴らしい人に囲まれている。
僕は盲目で、素晴らしい人は聾者。
そんな中どうやってその人たちとコミュニケーションしよう?
どうやって皆に自分の気持ちを伝えよう?

伝える為には触れ合おう。
でも全員と一時には触れられないね。
触れた1人に何の思い入れもないし他の人と何の区別も無い。
でもその1人を選んだのは何かの運命だろう。

自分は素晴らしさの何を知っているのか?
一度も触れたことがないのに。
素晴らしさを感じるのは触れた時にしかわからない。
その時全ての人も何もかもが吹っ飛んでうれしさで目に涙が浮かぶ。

最高の幸せはそういうもの。
何もかも全てを消し去ってしまう素晴らしさ。


posted by Khaki at 01:16| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hitorigoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大きなYの字小路

大きなYの字小路が目の前にある。
選択ってむずかしい。本当に難しい。
右か?左か?戻りたくても戻れない選択。

Yの大きさの基準がわからない。
わかって進んでいった時、気づいたらその分かれ目ははるか後ろにある。
遠すぎて、目がくらむほど眩しすぎて戻ることはできない。

途方にくれるかいやいやでも進むか。
進んだら他の道があるかもしれない。

でも。

木の枝と枝が成長の過程でいつか結合して1本になるようなことは絶対にない。
選択はその時その時。その時を超えたらその選択肢は二度と来ない。

右か左か?イエスかノーか?

伸びるか、枯れるか。そんなことを考え出したらいつか時が自分を枯れさせる。
どっちを選ぼうと自分はその木に水をあげるしかないんだ。

たとえそれが伸びようが枯れようが。
誰の話も本気にするな。今わかるわけがない。

わかったころには枯れたころかな。
そんな選択に意味はあるの?

その意味を知っているのは自分の胸を締め付ける何か。
どこかの星と繋がった何か。
posted by Khaki at 01:35| 京都 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | hitorigoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

sky music

めちゃめちゃ遅れたけど去年について。
備忘で書いとく。さらば2006のMEMUSIC。
去年出会った最高級sky music
全て聞き直せばもっともっとあるけどこんくらいにしとく

Niklas Harding & Funabashi / Addictive

The Field / Thought Vs Action

The Field / Sun & Ice

Coburn / We Interrupt This Program

Nathan Fake / The Sky Was Pink

Tiga / (Far From) Home

Muse / Starlight

Thom Yorke / The Eraser

japanese synchro system / japanese synchro system

RAUL RINCON / VIBE

G-swing feat. Le Major Melon / Ring Dem Bells


あと裏sky作品

CORNELIUS / Beep it (Luger E-Go Remix)




ちなみにすでに2007最大のsky music候補

Chemical Brothers / Electronic Battle Weapon 8

あと裏sky候補

DADA LIFE / The Great Fashionista Swindle
posted by Khaki at 01:08| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

!!!@心斎橋CLUB QUATTRO

2週前だったかな。3月3日、!!!(チックチックチック)のライブにヒロト氏と行ってきた。

久々のスタンディングの激しいモッシュにアツくなった。

ボーカルは小鳥ダンスとサタデーナイトフィーバーのポーズをやりまくってて昇天する。それをみてクラウドも追って昇天。

バキに出てきそうなもう1人のボーカルは客席側へ、しゃがみこんでもぐりこんできた。おれの股を通ってクラウドに入り込んできた。

汗だくでTシャツがびしょびしょだったが外は心地よく涼しかった。
高校同級生のW氏と出会うという偶然もありで楽しい夜だった。
posted by Khaki at 17:48| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NathanFake@Triangle


昨日、3月17日22時。心斎橋Triangle、NathanFakeを観にいく。 

前日金曜日は明けて27時くらいまで呑んでいたため11時に起きたころには前日そのままの二日酔いだった。

りら嬢と花博緑地公園を散歩。
バブルがぎりぎり匂うボロい塔を見たり、緑地新山を軽く登頂して見たり、馬のいない乗馬体験場を見たりしてきた。
軽く肌寒かったがすでに桜が4分咲きで癒された。
デジカメを持って行かなかったのが残念。。

モスで海老かつバーガーを食べて家に帰ったけど酔いが収まらない。
20時北新地で飲み会。合コンめいた呑み会、あるいはなにかしらのパーティと聞いていたが行ってみるとよくわからない男女が10人くらいいた。会社の先輩と知り合ったがその人はかなり面白い人の印象、危険な匂いがするひとだった。

とにかく二日酔いでしょうがない。グロッキーさが耐えられず先に抜けてTriangleで寝てた。

NathanFakeは思った以上に長身で男前だったが、かなりのインドアだろう。真っ白だった。
「the sky was pink」をやらないというめちゃめちゃに残念な部分もあったが、まあなんとなく楽しめた。

DADALIFEもかかったし。

なにかとデジカメを持っていってたらよかった一日でした。
大して書こう感が出ないからなんとも風呂上りのボォーっとした文章で悪い。
posted by Khaki at 18:02| 京都 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

春を愛する人


いやあ春だ。朝がどんなに冷えたとしても昼は春だ。
藪であぐらをかいてたらたけのこが尻に刺さる季節だ。
そろそろジャージもさらばだな。

15時ごろに客先に向かう間、20分ほど歩いた。
あまりの温かさに目を閉じてしまいたい気分だった。

目を閉じれば、
うっすら香る排気ガスのにおいに文明の終着点を想像した。
高層ビルによって遮られる木漏れ日に破壊を感じた。
道ばたの青々しい草木に刺さったタバコの吸殻を見てディライトを感じた。

網膜が春の日差しを感じたら、いい感じのピンク色の世界。

花束を買いたくなった。

posted by Khaki at 21:37| 京都 | Comment(2) | TrackBack(0) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名刺入れ交換@???

社会人たるもの名刺交換なんてのは行って当然の所業である。
おれは大体営業職って意味もあってすでに160枚くらい配ってるだろう。
なんの自慢にもならん。へのツッパリはいらない人にそっくりである。

ただ世界のあまたの社会人の中でも名刺入れ交換を行った奴は何人くらいいるんだろう?

先週おれは名刺入れ交換を行った。
「いつまでも男は子供だ」と女人はいうが大人というヒエラルキーを何段上がっただろうか?

それは先輩たちと呑みに行って4軒目でだった。すでに27時だった。

赤いドレスの女とおれは話している。何の話をしていたか?実はかなり覚えているけどここでは書かないことにする。笑ってしまうから。

その赤いドレスの女が持ってた名刺入れがなかなか面白くて魅力的な代物だった。

黒い革張りのソファーに足を組んで座り、ガラスのテーブルに置かれたウイスキーを眺める。ふっと頭上に目を向けたら落ちんばかりに垂れたクリスタルがギラギラと光っていた。


……朝起きたら名刺入れが変わってたってわけ。

こりゃ会社には持っていけねえや、って考えつつもすでに1週間持っていったし新規のお客さんの前でも出した。

その名刺入れがこれだ。

20070322 001.jpg


酔いながらも自身の名刺は入れ替えてた。
そして肝心の赤いドレスの女の名刺がなかった。

っなんだっよそっりゃーよぉぉぉ。

うれしいやらかなしいやら。。
どこに行ったのかさえわかんねぇよ。
posted by Khaki at 22:07| 京都 | Comment(6) | TrackBack(0) | hitorigoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。