2006年08月06日

若干ヒリヒリする

朝からモノレールとかゆう乗り物に乗ったりして武蔵五日市ってとこへ行った。結構な大所帯でバーベキュー。

山と山の隙間にある武蔵五日市は田舎っぷりでいうと兵庫県竹野町くらい。
竹野町は海水浴場が有名だ。というよりそれ以外はないといっていい。
武蔵五日市は川沿いでのバーベキューが売りだ。それ以外はないっぽかった。

高知の四万十川にキャンプに行ったことがある。そんときの雰囲気をを予想してたけど違った。川はきれいで言うことナシだったけどやっぱり山の隙間でも東京、人がめちゃ多かった。

とはいっても昼から肉を焼いて食って、酒呑んで暑くなったら川に飛び込んで、友人とグダッとするなんてそりゃもう最高でした。
武蔵五日市、人生に緑色が足りなくなったら行ってみるべき。
オススメできる。

ただ夜、今頃になって体が赤くなってきてヒリヒリがすこし。
鼻頭の触り心地に違和感あり。
posted by Khaki at 00:00| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Japanese Synchro System

最近いい音楽と出会うことが多くてうれしい。
友人にCDを(大量に)借りたりレコード買ったり。

今日、バーベキュー後にJETSET行ったけどヤバイのがあった。

Japanese Synchro SystemのJapanese Synchro System。

CalmとTha Blue HerbのIll-Bosstino(いつのまにBOSS THE MCじゃなくなった?)の二人の共同制作。

レコード屋の楽曲レビューはほとんどアテにならない文言が並んでるわけだが、、、これこそ「死ぬほどマスト」!! とりあえずどうにかして聴け!!
気になる奴だけ!!
ドラマティックな展開とBOSSの詩がやばい!!

似たジャンル聴く人は惹きつけられるのね。かなり売れてるみたい。

9月8日にCDリリースするみたい。
この曲かはわからん。


http://www.synchro-system.jp/

うーんHPも渋い。
posted by Khaki at 00:18| 京都 | Comment(3) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

帰郷中

新幹線はすげー速さだけど岡山まではやっぱり遠い。寮から四時間半とは。
新横浜から乗って1時間以上たってるけどまだ名古屋にさえ着いてない。
自由席は思ってたほど混んでなくて結構快適だ。 時間を持て余すのはわかってたから小説を一冊持ってきてたけど開けてビックリそれがすでに読み終わったグラスホッパーだったからやりきれない。

暇過ぎるから隣の夏真っ盛りの少年がやってるDSの画面の中のマリオを眺めながら携帯から初投稿だ。

岡山の街は大して変わってないだろう。まあ地元の友人に会って酒でも呑もう。
月曜日までは岡山いると思うから時間ある友人はメールでもくれろ?
posted by Khaki at 14:15| 京都 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

なんとも

暑すぎる。ジメジメしてて汗のにおいが周囲を埋め尽くしてる。
東京に戻ってきていまいち。 最近。 
posted by Khaki at 21:27| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

時計仕掛けのオレンジ⇔アメリ


いい映画を観た。二本。どちらもすでに何回も観てたけどまた観た。
 
暴力 、 暴力ナシ
禍々しさ 、 禍々しさなし

この対照具合。

映画としての芸術性が高い
カットが頭に焼きつく
いい音楽
イッてる

この共通具合。
posted by Khaki at 00:34| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グレッチ、チャイナ、バーンズ


仕事をし始めてから部屋でなにか考えることが少なくなった。
学生のころのようにぼんやり時間をかけて何かしらを悩んだりしない。

平日忙しいこともあるし、おそらくほとんど悩むことがないからだろう。

学生のころの一番大きい悩みは将来。
今はそれがない。ないっつったら嘘だし、なくてどうする?ってとこもある。

使い古された言葉だけど、今現在おれはレールの上だ。
すぐレールから1メートル離れた牧草地の世界へさえも行けない。

去年の今日早朝、北海道は遠軽町のテントの中で目を覚ましてそこから旭川へ向かった。曇り空の中バイクを飛ばしてたらひどく寒かった。
旭川についた頃には雨。ラーメン博物館みたいなとこで味噌ラーメンを食った、大してうまくなかった。旭川駅の横はたしか四条駅ってとこで京都っぽいな、って思ったのを覚えてる。後に旭山動物園に行かなかったことをすごい後悔する。

そこから南に下りて美瑛、富良野へ行く。万華鏡館に行ったけど結局入ってない。そこから滝川を抜けて留萌へ。
夜、留萌(ルモイ)のライダーハウス「ミツバチハウス」でバイク祭りに参加してた。 8月19日だった。
有り余る夕張メロン、箱にどっさり入った花咲ガニ。結局カニはめちゃくちゃ余った。

昔のブログ http://blog.drecom.jp/lierye/
一年前の旅、モーターサイクルダイアリーズはこのへんに。
http://blog.drecom.jp/lierye/archive/119

その一年後だ。 今は。 ライフタイムにジョイが足りないな。
posted by Khaki at 01:11| 京都 ☁| Comment(5) | TrackBack(1) | hitorigoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

僕らはネガティブになりがちだ。


「楽しむ」、「楽しまない」の境はなにかの興味やテンション、参加意識、責任感とかの有無がある。 楽しめたら問題ない。 そうゆう楽観的な考えのほうが人生は簡単だ。 これに反論できる人はまたなんの問題もないだろう。不安はなにもない。

次に「楽しまない」と「楽しめない」は違う。
「楽しまない」はその場において、楽しいと呼べることがあるにはあるがあえて自分の意識で「楽しまない」体を他人に見せるためにする、もしくはなんとも思わない。 その状況は自分の考えで作る。作るところが能動的だ。

「楽しめない」は、その場において、楽しいと呼べることがあるにはあるのかもしれないが(他人は楽しそうだったり)自分はそれにはついて行けないという状況でその状況は人に作られる。 作られるところが受動的だ。

絶対的受動、絶対的能動には善悪がある。絶対的受動は罪だ。一見受動的に見える人は能動的一面がある。間違いなく。

「自分が切り開くものなんだよ」

クリストファー・ロイドの言葉を思い出して欲しい。

切り開くために必要なものは?

必要なのはプライドだ。


プライドが許さなかったら、自分も必死になれる。プライドがなかったらぐったりとしてしまう。


皆のプライドは確固たるものですか?


間違いなく「自身のプライドすべてを否定する妥協」は悪だ。



・・・善悪如何こうではなく楽しめないよりは楽しまないほうがいい。

   楽しまないか楽しむかはそのときに自分で選択すればいい。
posted by Khaki at 23:48| 京都 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | hitorigoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。