2006年04月02日

陽気なギャングが地球を回す


book

著 伊坂幸太郎

背表紙より引用
嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった……はずが、思わぬ誤算が。せっかくの「売上」を、逃走中に、あろうことか同じく逃走中の現金輸送車襲撃犯に横取りされたのだ! 奪還に動くや、仲間の息子に不穏な影が迫り、そして死体も出現。映画化で話題のハイテンポな都会派サスペンス!


伊坂作品読むのは3作目。セコく文庫になった3冊を読んだ。
東京へ向かう新幹線の中で読み終えてたけど書くのを忘れてた。

ラッシュライフと比べて一人一人のキャラの個性がかなり強く出ている気がする。
青春小説のようなすがすがしさと伊坂作品独特の騙し絵のような多面性にあふれた文体とストーリーが合わさってて気持ちいい内容だった。「サスペンス」って言葉をこの小説に使うのは間違ってる。背表紙で植えつけられる先入観はでかい。人が死ねばサスペンスか?犯人がわからなかったらサスペンスか?
いやいやいやいや。いい言葉は他にないものかな。

銀行強盗を成功させるための方法の高説はやけにリアリティがあってまじでこんな感じでやれるんじゃねぇか??って思うほどだった。やりゃしないが。 ナンシー関風に。

大沢たかお、鈴木京香、松田翔太、佐藤浩一で5月にロードショー公開されるらしい。 キャラ含めていいキャスティングだからこれは楽しみ☆
日本映画で銀行強盗モノでいえばやっぱり鮫肌男と桃尻女を思い出す。あれを超えれるかな?

http://www.yo-gang.com/
posted by Khaki at 16:16| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

社会人のイメージ

小学1年の時は最高学年の6年生はとても大きく大人に見えた。
中1の時も中3は大人に見えた。
高1のときもそう。
大学1回のときもそう。

でも小6の時も中3の時も高3の時も大学4回のときもなってからわかることがある。

大して変わってねぇ。

実際になにか大きく変わったところなんて小1から小6になる間では全くない。それ以降も同じ。  所詮は上級生のイメージが高すぎて実際フタを開けてみたらたいしたことはない。自分の成長は感覚ではなかなかわからない。

小1のころのおれと大学4回のころのおれを比べればそれはそれは大きく変わってる。いろんなことを知ったし(忘れたし)経験の量も半端なく増えた。つまり極端な二つの変化はわかるけど、それほどでもない差の間の変化はわからない。
先輩とかの自分が知らない知識や経験についての話はすごそうに聞こえる。そして実際すごいだろう。しかしそれに対する自分の中の賞賛の声は実はなかなかしょうもなかったりする。自分も自分なりの知識や経験を味わうことなんだし。結局のところ自分は自分だ。

今、社会人になってみて先輩の仕事のこととかを聞いたりするとやっぱり凄いと思える(人もいる)。スペシャリストは凄い。

ただ凄いけどそれと自分は別!
そうゆうのをはっきりすることが自分の社会人のイメージを現実にしていける唯一の方法だと思う。

posted by Khaki at 22:50| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | hitorigoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

あまり

こうやって皆にさらすほどの生活をしてなかったこの一週間。入社してから一週間。
充実してるけど今言ったように皆にさらすほどのことではないかな。
呑んだとか、話しただとかだからいつでもあったことといえばその通りでそれ以上のことは全くない。ただ、楽しい一週間だったのは間違いない。

とにかく酒を呑みすぎ。昼でも夜でも関係なし。マージャンしながらも呑んだし、相当なだめな奴。社会人とかのイメージを変えよう。前にも増して…
馬鹿なのは変わらん。

思ったのは唐木田が意外といいとこってことと向ヶ丘がよろしくないってことかな。人が多けりゃアホもいるさねこれまたしかし。

ただ今日は昼からずっと呑みっぱなしで今家に帰ったけどだけどかなり面白かった。「社会人」ってゆう言葉にすべてを支配された席、、、、上司出席。ただ避けては通れぬ席。。ショーもないことが多かったけどMGがいたしなんやらおもろかった。ただやっぱりみんなにみてもらう必要がない内容。。。申し訳ない。


んまあとにかく、新宿のラーメン屋「くじら軒」は二度目ながらもかなりうまい事を特筆しとく。

あと歌舞伎町で二人でお好み焼きとそばを食ったら酒も合わせて5000円近くなることも特筆しとこう。社会人のJ氏と食ったけどびっくりした次第です。
ご馳走様でした。



あんまりおもろい記事書く気が起こらないのはなんだろう????
老けたか、、、、、、、、、次はがんばりますわ。


posted by Khaki at 22:55| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | hitorigoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

Chris Cunningham

ちょいとフロに入って500のビールを軽く引っかけ、部屋でクリス・カニンガムのクリップ集(come to daddy)を見ながらバックミュージックはrei harakami。

すべての脳ミソが耳穴からドロドロ出てる気分。

「も一度、頭絞って、滲み出てきた緑の液体が僕のすべてさ」な夜。

喧騒とは言わないまでも雑音がうっとおしい。乾燥機の音とか。


カミソリ負けで若干口元がヒリヒリしてる。カガミでみてもちょい赤い。


music

posted by Khaki at 23:26| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

はかどらん


勉強はかどらん。やっぱ家じゃむりだな。ベローチェ行かんと。。

唐木田のラーメン屋つぶれてんじゃねぇか?いっつもやってないわ。
勉強する気で今日はどこにも行かなかったけどメシはマジで困る。
多摩センターまで行かないとまともなメシが食えない。コンビニ弁当は嫌い。

部屋が道路沿いにあるから夜でも車の音がやはり気になる。

平日ずっと仕事だ。いや仕事とゆうよりは学校な毎日だ。大きな責任もない。
そのぶん拙いといっていい。これでいいのか?
さらに拙いわりに忙しい。必要な知識といえばそうだ。 人間開放か?

とはいっても楽しい。 それがまたジレンマなんかな?
posted by Khaki at 21:21| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | hitorigoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

東京ショット 〜 資格なんていらねぇよ それ食えんの? 〜

3日に撮った写真を2枚。

20060417 014s.jpg  20060417 001s.jpg

原宿のステキな人形。 表参道ヒルズ。 二等辺三角形の螺旋。かけっこしたら面白そう。

んで今日は白金高輪にまさに無意味にご足労したわけ。しょーもないぜ全く。
白金高輪?だいたいどこだよそれは? シロガネーゼ?知らんがな。
とにかく雨フラーゼでイライラーゼでした。

わざわざ都内に出たのにそのまま帰るのもなんかもったいないからどうしようか考えた。考えきらないうちにメトロに乗って「九段下」へ。
やっぱ行っとかないとな!

久々の参拝。

20060417 020s.jpg  20060417 022s.jpg

やはり大村益次郎先生が出迎えてくれる。
染井吉野は6割は散って葉がその6割に入る。
八重桜は今が満開で強烈な桃色を放ってる。
曇り空に映えるそれらのコントラストが素晴らしい。

やはりここは違う。 「がんばらんと!」ってゆう気持ちにさせてくれる。
ザワザワが体を包む。 また来よう。

靖国神社から内堀通りをずっと南下。
千鳥ヶ淵公園を通って横目に馬鹿でかい皇居を眺める。とてつもなく長い道路。かなり長い距離だけどたまの散歩にはちょうどいい。

20060417 024s.jpg

なんかでかすぎて視点が定まらなくなる光景。東京のすごいとこはそれかもな。ビルとか皇居とか東京タワーとか、、、透明なラーメンのスープと黒いうどん兵衛のつゆとか?

途中で疲れて桜田門駅から新宿へ。

腹が減ったからまたも「くじら軒」のラーメンを食べる。ってかラーメン屋そんくらいしか知らんし、なんか食いたくなってきたもんだから。
初めて数量限定の「バラそば」900円を食す。 メシとあわせていつもどおり腹いっぱいでその場で寝転がりたくなる。

それもなんとか耐えて明日からまたスーツ着る。

これでいいのか、日本男児よ。我が魂よ。
posted by Khaki at 22:22| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

Tap me crazy

タップダンサー、熊谷和徳のDVDを友達から借りた。

SONYのサイバーショットのCMで「タカタカン、タカタカタン、カッカッカッカッカ」ってタップ踏んでる人。なんか東京ヴェルディの戸田に似てる人。実はかなり気になってた。

このDVD、熊谷氏のタップといろんな音楽とのセッションが収録されてるわけだけど、部屋で観てから用事で外に出て靴に履き替えて、歩いていくとなんかもう、、、

「タカタカカカカッカカ、カカカッカ」

ってタップを踏んでたw できんけど。しばらくの間そうなってるかも。

とにかくかなりかっこよかった、特にピアノとのセッションはなんか斬新コラボって感じで新鮮でしかもタップのリズムとの合体がすげえいい!

青山円形劇場で六月に5DAYsでいろんなアーティスト(COBAとか)とのセッションがあるらしいのでもしかしたら行くかも。生で観てみたい。

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/1683/
http://www.sma.co.jp/artist/kazu/

タカタカタン 突っ走るって かっこいい
ググっときたよ 熊谷和徳。

posted by Khaki at 20:26| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

SEO!!SEO!!

久々に熱心に更新を。

ここ2週間ほどこのブログの毎日のアクセス数やページビュー数を確認してなかった。忙しかったし、エッジ遅ぇし。

んで今日久々にみてみたらかなりおかしなことに。
だいぶ前に書いたある記事のアクセス数がトップページのアクセス数より多いのだ!毎日50ページビューくらいで最高では150くらいの日もあった。しかもここ最近ずっとその傾向! 

「京都スープカレー部」の活動記録や本類のレビューのアクセス数が多いのはなんとなくわかる。そりゃ知りたい人もいるだろう。
んでそのある記事もその類なわけだけどページビューの多さが半端じゃない。
そこでちょいとしたSEO(Search Engine Optimization)分析をしてみた。

まずこのブログの記事別の歴代アクセス数トップ4を公開しよう!結局おれのなんとなくだからトップ4くらいまでしかわからん。ドリコムの頃のはわからんから10月ごろseesaaに引っ越してきてからのもの。ゆえに最近のはランキング外じゃわな。

まず第四位。 2006年02月13日「京都スープカレー部 〜 Sumiya K P 〜」
       http://lietorye.seesaa.net/article/13219287.html
京都スープカレー部ももはや懐かしい。。東京スープカレー部はすでにやってる人いそうじゃし何部をしようかな。

第三位。   2006年01月10日「ロング・エンゲージメント」
       http://lietorye.seesaa.net/article/11514640.html
まあ面白かったし、興味ある人もいるんだろう。

第二位。   2006年03月13日「チーム・バチスタの栄光」
       http://lietorye.seesaa.net/article/14762613.html
いい具合にひねくれた医者の話の小説。去年の「このミス」グランプリ受賞作品。

そして第一位。この記事がここ最近トップページよりもアクセス数が高い記事で、二位以下に大きな差をつけてる。

ダカダカダカダカダカ……ダンッ!!

2005年12月11日

「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」!!

http://lietorye.seesaa.net/article/10501518.html

ロックンロールな豆腐屋さんの記事だったわけだけどべつにこの記事では食ったことは書いてない。
そして肝心の食ったときに書いた「風に吹かれて… 食す」http://lietorye.seesaa.net/article/10590272.html)はそれほど読まれてない。見た目のあの魚雷みたいな形の写真も載せてるんだが。。

さてこの「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」がなぜそこまで読まれてるのか?
それを分析してみたらなかなか面白い結果がでた。下のページを観て欲しい。

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E9%A2%A8%E3%81%AB%E5%90%B9%E3%81%8B%E3%82%8C%E3%81%A6%E8%B1%86%E8%85%90%E5%B1%8B%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%8B%E3%83%BC&ei=UTF-8&fr=top_v2&x=wrt&meta=vc%3D

firefoxブラウザだったらアドレスものすげえはみ出てるけどわかるだろうか?「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」関連で、この記事のyahoo!検索ランキングがなぜかめちゃくちゃ高いのだ。
ってか発売元の男前豆腐店HPが一位。その販売フォームのページが二位。そしてなんとLie to Ryeの記事が三位だ!!
約131,000件のうちの三位だ!これはかなりびっくりした。理由は全くわかりません。

豆腐屋ジョニーをyahoo!で検索したらそりゃここの記事に来るわけだ!
…しかし結局ここの記事では肝心のその豆腐を食ったことを書いてないから観た人に「…使えねえな」感を残してるんだろうな。んでもって「戻る」ボタンを押させるんだろうな笑

兎にも角にも、

皆様のおかげでほとんど宣伝してないにも関わらず多くのリピーターの方が観てくださってるってことは、それなりに魅力的な文が書けてるのかな?と勝手に認識してしまおうって思ってます笑  ほんとに感謝です。

働き出したから毎日とはいかんけどチョロチョロ更新するんで今後もヨロシク☆
posted by Khaki at 02:03| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | hitorigoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

開ける人、開けない人

シラフの状態で他人に心を開く人もいるし、酔っ払った状態でしか他人に心を開かない人もいる。どっちがいいってこともないしわるいこともない。

多重人格者はそのへんの区別がはっきりしてて結構酔っ払ったときにしか開かない人が多い。理性が強すぎて本性の部分をコントロールできすぎてシラフでは他人が本人としてなんとか出来る術を身につけている。

さて、ではどこが本性でどこからが仮面の部分なのかというとどちらともいえないところがある。「どれが自分か?」というと自分が思ってる自分が自分じゃないことが実際は真実な気がすることがあるから難しい。そのへんは本人の思い込みや他人との認識の格差があるし、アイデンティティの強さ弱さ、もしくは人に流されるか否かが鍵になる。 それがまたいいことかわるいことかというとしっかりとした判断は出来ない。

おれは多くの人が多重人格者だという気がする。人の深さは「心の闇の部分」や「隠された部分」がどれだけ広いかどうかを他人が判断して決めることなのかもしれない。
そして深層心理的にそれを認識して「この人に魅力を感じる」ことに繋がる人もいるし、表面の部分に「魅力を感じる」人もいる。

自分が今まさに食べる肉を見て、今後自分の一部になると考える人は少ない。フォークに突き刺さっていたり、箸につままれている肉を見てそれが手足を動かしたり、贅肉としてエネルギーを蓄えて活躍するなんて事を考えたりしないだろう。


「自分とは何か?」、「どこまでが自分なのか?」、「心はどこだ?」、「その可能性は?」

確認するには知るしかない。知れないことまでを知って。知った気になるか、他人に教えてもらうか。前者も後者も真実かどうかは別にして。

後者のシチュエーションはシラフで心を開ける人に聞くか、酔っ払って理性をグダグダにして誰かれ構わず聞いてみるか。
酒のいいとこ。それが出来なきゃ意味なしな酒。呑み会なんてほとんどがクソで行かなくていい。一部だけ。最高なのは。

開ける人はどこだろう?「話したい話したい」って聞こえるのはだれかの心の叫びか幻聴か?

常人がそうじゃないのが不思議でしょうがない。
先入観って嫌なもんだな。人を決めるし、だめにする。

おれはそんなタイプかな。

騙されんな、、、、少なくともおれみたいな人には。
むしろそれならシラフの時のほうがおれに近い。過剰か?いや過剰なのは他人の考えだけだ。

最後に言っとく。これを観る人がほんのほんの一部の限られた人だから言えるってことを。
posted by Khaki at 00:37| 京都 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | hitorigoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

ダーツを買いました

20060417 026.jpg

初任給記念! 自分へのご褒美でマイダーツを購入した。
褒美名義ならなんでもありの世界なわけです。

多摩センターのRE-LUXってダーツバーにメシ食ってから行って店員さんにあれこれ教えてもらいつつでとうとう購入。unicornの奴。3割引にしてもらってさらにアツかった。

ハウスダーツとは全く違うわ、「スバンッ」と刺さる。

はやく誰かと投げに行きたいわ〜☆
posted by Khaki at 22:48| 京都 | Comment(2) | TrackBack(0) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。