2006年03月05日

京都スープカレー部 〜 チャーリーブラウン 〜

なにかと忙しかったのでちょい経ったけど。

3月1日に食いにいった。
とてつもなく雨が降っててどうしようもない天候だったけどなんとか濡れつつも。
百万遍の交差点を若干西に行ったところの思文閣会館の地下1階。
チャーリーブラウン。

画像 002.jpg

→ http://www.hanei-m.com/cb/

となりにあったアジア系雑貨屋においてあった宝箱5800円ってのが気になる。
宝箱なのに取っ手が付いてる。「とられる気満々じゃなぁ」とか思いつつも入店。

スープカレーといっても、タイ風、薬菜風とかと何種類かあった。
そんなかですごいあっさりしてそうな透明のスープの京野菜と豆腐のスープカレーとラッシーにした。5段階の3番目の中辛。セットで960円。
副部長はハンバーグのやつ。スープカレーラーメンってのも気になったけどやや正統派。

画像 03074.jpg 画像 03073.jpg

京野菜と豆腐のスープカレーは豆腐、エビ、ジャガイモ、ナスビ、にんじん、大根、水菜、ブロッコリー、お揚げ、そして卵。
なかでもナスビが絶品だったなのはこの店でもそう。とてつもない。
いままでのスープと違ってお吸い物のように透明のスープで「なんで辛いん?」って思ってしまう。ほんまなんで辛いんじゃろ。中辛だったけどもう1ランク上でもいけそうだった。

厨房のほうからたまに「ドーン!」っていうデカイ音が聞こえるのが気になるところだったけどかなりおいしかった。スープにバリエーションがあったのでそれらを食べてみたくなった。
さらにおまけのラッシーまでサービスされてなんかラッキー。また行ってみよ。

デジカメの写真はまたUPしま〜す。
posted by Khaki at 05:36| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都スープカレー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くたばリズム。

スープカレー食って次の日から2日間、大阪に通ってた。

基本情報技術者って資格をとるためのスクーリングだったわけ。
その資格はITサプライヤー系の資格の中で一番簡単なやつ。
まあおかんがゆうところの「ピコピコ」
ファミコンもピコピコ、プレステもピコピコ。そんなレベル。

アルゴリズムってゆう分野が難しいって話で1日目はそればっかりだったけどムズくてやっとれん。これ死んでるわ。おっくう甚だしい。死死、死、死、死死死者の書です。
その日の夜、後輩と5時間くらい呑む。
二日目はアセンブリ言語のCASLUって言語のお話。
こっちは意外といけるかもわからん。
その日の夜、4月からの同期と呑む。

そして4月からの我が家の位置がやっとこ決まったもののかんなりおっくう甚だしそう。
とてつもない田舎なのは地図でわかる。小田急多摩線の終点のあたり。
これは京田辺以下だぞ絶対。。東京都というのもはばかられる。ド僻地。

4月からは”東京エレクトリックゾンビーズ”がヘヴィーローテーションっぽい♪
posted by Khaki at 06:01| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

なんとなく帰郷


昨日なんとなく帰郷した。11日にはまた戻ってるけど。

今日は早起きもした。
新聞も読んだ。
スープカレー部の写真もアップした。
犬の散歩も行った。

友人は普通平日は仕事なのね。。

家でダレてるのも悪くないけどどっか行ってみようか。

posted by Khaki at 09:17| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hitorigoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

楽しかったりうれしかったり

「晴れたり曇ったり」はもんじゃ焼き屋@奉還町。

岡山に月曜日に帰ってきてから前半は暇でたまらんかった。コンビニに張ってある「迷い犬」のチラシをみて「おれが界隈をうろついて探してみようかな。」って思うほどに(若干うろついたほどに)暇だった。しかも見つけれなかった。
 後半はなんやかんやで忙しかった。あったことをダラダラと羅列。小学生の夏休みの日記風に。楽しかったりうれしかったりが多かった。


・今日、僕は、「大学卒業」が確定しました。合否の郵送が遅れててあまりの緊張とドキドキで尿がでそうだったけどそんな気持ちもジワジワ治まりました。とてもうれしかったです。

・今日、僕は、明日あるイベントのために花束についてのご高説を賜るために会った人から卒業祝いにシュガーバインの鉢を頂きました。「ありがとう」って言いました。とてもうれしかったです。

・今日、僕は、ファミレスで友人から中学時代の知り合いの衝撃話を聞きました。ここに詳細を書くことは下手したらコード、もしくは法律にひっかかるかもしれないので控えます。キーワードは「おじいちゃん」「銀行口座」「家の下に埋める」です。シャレになりません。都市伝説であってほしいです。笑っちゃいけんのじゃけどとても面白かったです。

・今日、僕は、朝、犬の散歩に行ってから晩まで暇を持て余していたので本を読みました。なかなか面白い小説を読みました。そのことはまた後日。心臓外科についての話でした。とても楽しかったです。

・今日、僕は、池田動物園に行こうと思いました。でも入園料が格段に値上がりしていたのに興ざめしてやめることにしました。その代わりにプラネタリウムを観にいきました。こっちも値上がりしていましたが、とはいっても420円なので観ました。
11時からのプログラムではなんと客が僕一人で完全に貸切状態でした。昔から何度か来たことがあったけどたぶん10年ぶりくらいでした。
昔はプラネタリウムの真ん中にある機械が、ボルトと穴と棒でがんじがらめになった人間みたいに見えて少し怖かったけど、今日はかっこいいオブジェに見えました。下に写真を…。

「シリウス、プロキオン、ペテルギウス」がキーワードで冬の大三角形です。
夜空を見上げたときに、浮かんでいる星の点々を見てそれでオリオンやヘラクレスや牛や琴を想像し、さらにその物語まで考えたのだな、って思ったら昔の人々はロマンチストだったんだなぁ〜って感じると同時に狂気だったんだなぁって感じました。とても楽しかったです。
ちなみに前半の星座のところは面白かったけど、後半の「秋分と太陽」とかゆうのは中学理科っぽくて寝ました。

画像 031003.jpg  画像 031002.jpg  画像 031001.jpg

…ちょっと怖いでしょ?

・今日、僕は友達に連れられて中華料理屋に行きました。中華丼はとてつもない量で、それでいておいしかったです。500円でした。とても楽しかったです。
キーワードは「さわぐち」「ザラキ」「365歩のブルース」でした。

・明日、僕は、岡山を離れて大阪に行きます。楽しいことは間違いないでしょう。それもまた後日。


「耳をすませば」を横目に見つつ書いてるところ。
posted by Khaki at 22:29| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | hitorigoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

チーム・バチスタの栄光


book

海堂 尊 (著)

内容(「BOOK」データベースより)
東城大学医学部付属病院は、米国の心臓専門病院から心臓移植の権威、桐生恭一を臓器制御外科助教授として招聘した。彼が構築した外科チームは、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門の、通称“チーム・バチスタ”として、成功率100%を誇り、その勇名を轟かせている。ところが、3例立て続けに術中死が発生。原因不明の術中死と、メディアの注目を集める手術が重なる事態に危機感を抱いた病院長・高階は、神経内科教室の万年講師で、不定愁訴外来責任者・田口公平に内部調査を依頼しようと動いていた。壊滅寸前の大学病院の現状。医療現場の危機的状況。そしてチーム・バチスタ・メンバーの相克と因縁。医療過誤か、殺人か。遺体は何を語るのか…。栄光のチーム・バチスタの裏側に隠されたもう一つの顔とは。


今現在勤務医をしている著者の作品。どこまでが本当なのかはわからないけど、制度的なことはすべてが本当でも不思議だとは思えない。「不定愁訴外来」ねぇ。
途中から出てくる名探偵、白鳥がいい。頭の回転が早すぎて他人がアタフタするところとか、他人にとって煙たい存在でもやることはやっていく様から、すごいリアルに皆の心境が読みとれて面白い。特に教授に向かっての尋問はまさに誰もがアンタッチャブルなパンドラの箱を軽々と開けるようだった。
本の中だから面白いけど実際いて身近な人だったらすげー嫌だろうなぁ。誰もが持ってるささやかな自尊心を粉々にしていくだろう。

元々ひねくれた主人公がまたいい味だしてるしラストも気持ちいい。
どうも白鳥を主人公にしてシリーズ化して欲しいって人が多いらしいけどそれだと多分面白くない。続編は見てみたいけど主人公は白鳥以外じゃないと。
ワトソン君が語るからこそホームズが面白いんだから。

「このミス」受賞作品は読んで損なし。
posted by Khaki at 19:55| 京都 ☀| Comment(5) | TrackBack(18) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連れの結婚&出産パーティ

中学のころから親友のK氏が結婚してもう1年以上経っちゃってた。

本人の忙しさもあって結婚式のような祝いをしてなかった。メンツの7人がそれぞれ関西にいたり、すでに岡山で働いていたりでスケジュールがあわなかった。「全員が揃う」ってのはなかなか難しい。
 それに含めて4月からおれとA氏が東京に行くことになることもあってこの時期にしなければもうなかなか出来なくなる、ってことで11日に大阪で「全員揃って」開催された。奇跡的なスケジュールの相応もありつつでだ。しかもK氏の嫁さんと1歳ちょっとになるベイビーも参加でだ。ベイビーのかわいらしさはそりゃもう美しい羽が生えてるようだった。嫁さんはすでに二人目を身ごもってた。

岡山に住んでるN氏、P氏に来てもらって、店をおさえて、花束、ベイビーへのプレゼント、ケーキなどを手配してのパーティは比類ないほどに素晴らしく、心に残るものになった。A氏の功労に感謝。
昔からの親友たちと、その親友の一人の祝い事をできたことに顔はほころびっぱなしだったと思う。やっぱこうゆうのっていいもんだ。

今よりさらに幸せになってくれ。 がんばれ。
そして集まったみんなに感謝。おれらもがんばらんとな。
posted by Khaki at 23:05| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | hitorigoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

ソフトに死んでいる

友人が家に泊まりにきてた。久々に会って部屋で呑んでなぜかあった卒業アルバムを何年ぶりかに引っ張り出してきて大盛り上がりだった。

んで寝たわけだけど、おれは布団、友人はソファに寝袋。

そしたらその友人のいびきと寝言が気になって眠れない。
元々旅館でも友人の家でもなかなか寝付けないけど昨日はほんと寝付けなかった。3回くらい真夜中に目が覚めてぼ〜んやりとしてた。んでぼ〜んやり明けた。

仰向けで寝る人はみんないびきのことを一度考えてみてくれ。仰向けの人はいびきが出やすいらしい。おれの統計では、中でも一部の野球部出身の奴と太めの奴のいびきはとてつもない。ちょいとした怪物みたいな音を発する。
大体いびきを欠く事自体が熟睡できてないって意味でも体にあんまりよくない。寝てる間は無意識だから気にならんかもしれんけどそのへんも気ぃ遣っていこう?「お前のいびき半端じゃないぞ」って言ってくれる人がいればわかるけどいなかったらマジでわからんと思うから気ぃ遣っていこう?あの鼻輪みたいなクリップみんなで買おう? 寝れなくてソフトに死んでる人が結構いると思うから。

あと女はなかなか知り合いとかが言ってくれないことが多いだろうし考えてみてほしい。好きな度合いが100だったらその度合いが80とかに下がったりすることもあるって。

常套句に「空気みたいな存在」とかってあるけど寝る時に限ってまさしくその通りだと思う。寝るとき以外だったら違うとおれは思うけど。
posted by Khaki at 15:28| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | hitorigoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

春っぽくない

ここ最近やけに寒くね?今季は12月が寒かったのが印象的だったけど3月も負けず劣らず寒い気がする。地元は暖かかったのに京都に戻ってきたらこっちはかなりキてる。全然春っぽくない。春はまだかと。。

そんな中、春っぽいといえば花粉症だ。おれは患者じゃないけど患者の人々に
はかなり厳しい季節だろう。かわいそうに、、春が楽しめんとは。

それもあってか最近通りを歩いてみるとマスクをつけた人が目立つ。
しかもなんか今までのマスクじゃなくてなんか病院とかで酸素を吸引するための道具みたいなちょっと高級そうなマスクが目立つ。
3000930_S.jpg
↑こんなの

マジじゃがん。マジで遮断したがっとるがん。給食を分配するときのあのマスクとかは全然役に立ちそうもないなあなあの産物だったのに。マジで嫌がっとるがん。。。
あれをみるとなぜか12モンキーズのウイルスを思い出す。宇宙服みたいな装備じゃないともう外界にでれないような、人間が完全にウイルスにびびってる様がある。PCの世界でも現実の世界でもウイルスウイルス…ウイルスが猛威を振るってる。・・・花粉はウイルスじゃないか。でも鳥インフルなんとかとかあるもんな。

花粉症は、友人の話によると自分が今までに吸った花粉の絶対量が限度を超えたらなる病気らしい。ほんまかどうかわからんけどそうだとしたらおれもいつかなるのか。。
昔、吉野家の牛丼が安くなってからあまりに頻繁に食いすぎたために、体の牛丼の許容量を超えちゃって、牛丼見たらなんか気持ち悪くなったような感じか。
おれの予想だけど都会ではもうほとんどの道がアスファルトで土の地面があんまりないのが原因な気がする。花粉がガンガン飛んでても土の地面だったら微粒子レベルの穴に引っかかって減っていく(備長炭に脱臭効果があるような感じで)けど、アスファルトだったら引っかからずにさらに舞って全然減らない。だから田舎のほうが絶対花粉多いのに、都会のほうが花粉症の人が多いんじゃないか?

花粉症なんてのはほんま馬鹿っぽい滑稽な病気。
杉やなんやの雄花が種の保存のために「雌花に届け!!」って響け恋の歌的に出した花粉を、人間が雌花から横取りして勝手に(咲くと思って)吸って、「やれ鼻水だ〜、やれ咳だ〜、涙だ」って騒ぎ立てる。
杉や花粉的には「いやいや君らに吸われても…おれは知らんがん、そんなん」って感じじゃわな。
posted by Khaki at 23:28| 京都 | Comment(0) | TrackBack(1) | hitorigoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

捨てるか否か?〜シドごっこのススメ〜

現在の部屋を引き払う。最近東京に持っていく荷物と岡山に送って置いとく荷物と捨てる荷物の選別を進めてる。マンガも本もたくさん売った。そしていろいろめちゃくちゃ捨てた。

持っていくか迷ってるもの。
・釣竿
・チェス盤
・二度と聞かない可能性が高い昔買ったCD(スパナム、アベスティーなど)
・テレビ台
・照明スタンド
・エレキギター
・アコギ

うっとおしいことに入学時に買った電化製品には最近よく聞く「PSE」マークがついてないからリサイクルショップで売れない。いらんことすんなよなぁ。。

エレキギターに関しては最近全く触ってない。高校のはじめに買った代物で思い入れがあるから捨てるのはなんとも物悲しい。とはいえいい音出ないしギターに触りたくなったらアコギに触る。

そこで今おれの中で計画してるのは、夜中に鴨川の河原にエレキを持っていってシド・ヴィシャスよろしく石畳に叩きつけてぶち壊すというプロジェクト。
ゴミとして出すよりはギターも本望だろう。
もちろん散らばった破片は掃除して供養する。
いらなくなる皿とかもガッツリやってしまおうか。

懐かしい話、高校卒業のときに真夜中、6人くらい河原(ウッディ周辺)に集まってみんなエロ本を持ち寄って「エロ本燃やし」というイベントをしたことがある。シラフでだ。
100冊以上あるエロ本を燃やす様は未だに覚えてる。燃やすのに飽きて、その後「エロ本投げ」という新しい競技を生み出した。
川と草むらに引っかかる大量のエロ本。地元小学生へのプレゼントだ。
目ぼしいエロ本を持って帰る馬鹿もいたもののなかなか背徳的な行事だった。
時は2001年春。地元から旅立つ青年たちの20世紀ノスタルジーとの完全決別だった。

京都という土地に5年住んだ。あのころと同じようなノスタルジーな気分も多少ある。「破壊」という想い出で締めるのも正直悪くない。

若干の参加者を募ろうか。
posted by Khaki at 02:16| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | hitorigoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

落下女

なんで雪降ってんだよ。

観てしまうたびにテレビのバラエティってほんまおもんねぇしさっぶいなぁ。こんなん観てたらそいつもおもんなくなるわ。って思うけど「落下女」はなかなか面白いときがある。

なんでこれだけ面白いのか考えてみた結果、一つ結論が。

 ほぼすべてのコント番組で、コントの際にスタッフかなんかの笑い声が聞こえる。コント撮影中とかにリアルに出た誘い笑いならばかなり効果的な手法だと思う。
 しかし最近のその笑いは、誘い笑いというよりは「嘆願笑い、指示笑い」に聞こえる。「ハイ、ここ!! 今、笑うとこよ!」みたいな感じの。
それが逆に笑えん。コントに限らずネタ番組もある。明らかにリアルな笑い声じゃない笑い声。あれがほんまに冷める。
馬鹿殿のおばちゃんの笑い声といっしょ。サウンドステッカーとして後付じゃろあんなもん、あほか。

またさらに言えばドキュメントとかにも言える。明らかに後付の「えぇ?」とか「おぉ!」など。特に日テレの番組はひどいな。見た感じ。
そうゆうのを絶対に使わないNHKのドキュメントはその時点で見る気になる。しかも中身がおもしろい。

話がそれたけど「落下女」のコントの出来と質は正直、他のコント番組よりも低いと思う。でもコント内のその誘い笑いがリアルな音量で、絶対に後付じゃないのがわかる。すんごい小さかったり、「笑うべきとこじゃないけどなぜか笑ってしまう」って感情が読み取れるようなひそひそ笑い。それがなんか笑いを誘ってくる。それに加えて杏さゆりも新垣結衣もかわいいし☆

あと小木と設楽がなんかツボなんよなぁ。ドランクドラゴンは全くいらん。

久々におもろそうな番組が見つかった。。。。
・・・・っておもったらあと2回で終わるらしい!!

もう、なんならそれはぁぁあぁぁ。

教育の笑いとしておもろいのはやっていってくれよなぁ。

http://www.ntv.co.jp/rakka/
posted by Khaki at 19:10| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | hitorigoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。